エンジョイ登山

熊群山 (大分百山) 804.9m  2011/10/2

熊群山 やっとの思いで山頂へ

先程は花牟礼山に登り、本日2座目の山です。
 
熊群山へは東側の熊群神社参道入口から登るコースもありますが、上の方のコースが不明瞭との情報から、コースを変更して西側のコースを選びました。
 
マップ

直野公民館の脇からコンクリート舗装された林道を進んで行くと、猪避けの柵があり進む事ができません。

コースの確認を兼ねて、田んぼで農作業をしていたおばさんに尋ねると、「柵は開けて通っていいよ」との事。

スタート地点の場所までは何とかたどり着く事が出来たが、道路に草が生い茂り、一般車ではちょっときつかったですね。

何とか強引に突破しましたが、傷ついていないかと心配です。
 
下の写真は直野の集落の上の棚田と彼岸花です。

熊群山

下の写真がスタート地点。

熊群山 (1)

しばらくは荒れた林道歩きです。

ここから山頂までは20~30分を予定していましたが、 45分ほど歩いても、目的の分岐点が現れません。

どうやら分岐点を見過ごしたようです。

ひきかえして分岐点を探しますがどうしても見つかりません。

一旦は登頂を諦めて車まで戻ってきましたが、どうしても諦め切れません。 

コースも間違っていないとすれば、必ず分岐点があるは ずです。 

再度引き返して分岐点を探します。 

そしてやっと見つけました。

分岐点は草が茂り、案内板や・テープ類は全くありません。  
 
何とか正規のルートに進むと、太平はつらつ会の案内板がありました。

熊群山 (2)  

ここからは少し傾斜もきつくなりますが、たいしたことはありません。
 
「がんばれ中高年、若人もがんばれ、こどもはもっとがんばれ」の言葉に励まされて進みます。
 
熊群山 (4)

やっとの思いで到着した山頂からの展望は全くありません。

熊群山 (3)

三脚を持ってこなかったので、とりあえず山頂標識だけを写して早々に下山しました。

山頂直下には大きな岩があります。
 
熊群山 (5) 

下の写真の岩には意味不明の文字も書かれていました。

熊群山 (6)

この山で見かけた花は、先程の花牟礼山と同じですので省略します。

今から長者原のタデ湿原に行ってみることにします。 

   クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/03(月) 01:39:10|
  2. 大分県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タデ原湿原散策  2011/10/2 | ホーム | 花牟礼山 (大分百山) 1170.3m  2011/10/2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagahisa2977.blog69.fc2.com/tb.php/193-5aa7474f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (144)
佐賀県の山 (10)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (390)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (1)
東北の山 (5)
北アルプス (1)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (1)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (1)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (771)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示