エンジョイ登山

鳴子山・稲星山・天狗ヶ城・中岳・白口岳の周回 2011/9/23

鳴子山・稲星山(2)・天狗ヶ城(5)・中岳(5)・白口岳(2)    

鳴子山 1643m ・ 稲星山1774m ・ 天狗ヶ城 1780m ・ 中岳 1791m ・ 白口岳1720m

9月10日の日に中岳へ朝駆けを試みたが、ガスがかかっていて完全なる失敗登山となってしまった。

今回はリベンジをと張り切っていたのだが、目が覚めたのが6時過ぎ。 

辺りはすでに明るくなっています。

改めて計画を練り直し、沢水の本山登山口から鳴子山を経由して稲星山から鉾立峠へと周回コースを計画しました。

このコースはまだ歩いた事が無く楽しみです。

マップs 

登山口到着が7時50分。

準備を済ませて8時丁度にスタートです。

まずはコンクリート道を緩やかに登って行きます。

10分程で登山口の案内板のある地点に到着。
 
11.9.23 (44)

しばらくは見通しの聞かない樹林帯の中を進みます。

傾斜はきつくしばらくはガマンの登山が続きます。

スタートから1時間くらいたったでしょうか?

後方の視界が開けてきました。

風も穏やかでシャツ1枚でも寒さは感じません。

雲一つ無い青空が広がり、ルンルン気分で進みます。

しかしながら崩壊地の危険な場所もあり、油断は出来ません。
 
落石にも注意が必要です。

11.9.23 (1) 

11.9.23 (2) 

11.9.23 (3)

すばらしい展望をカメラに収めつつ登って行くと、丸太の階段があります。
 
11.9.23 (4)

登山者の少ないコースにしてはずいぶんと立派な階段で、管理をする人の苦労に感謝です。

丸太の階段を登るとすぐに鳴子山と稲星山の分岐点に到着。

11.9.23 (5)  

10時丁度に到着です。 

まずは鳴子山に登ります。

山頂らしきピークにて山頂標識を探しましたが見つけることは出来ませんでした。

他の登山者の人に尋ねると6月には有ったそうですが・・・。

 辺りにはかわいいリンドウの花が咲いています。 

見かけた花についてはレポートの最後にまとめて紹介します。

下の写真は山頂の東側の展望です。 

11.9.23 (6) 

下の写真は中岳方面の展望です。

11.9.23 (7)

一旦分岐点まで戻り、計画を変更する事にしました。 

本来ならば稲星山登頂の後は白口岳へと向う予定でしたが、余りにも天候が 良く、それだけで帰るのは何だか勿体無いような気がします。

折角ですので御池を周回して天狗ヶ城、中岳へも足を延ばしてみる事にします。 

時間的にも十分大丈夫。

稲星山の山頂到着が10時30分でした。 

360度の絶景に写真を撮りまくりです。

遠くの方に由布岳も望めます。

11.9.23 (8)  

下の写真は天狗ヶ城と中岳の展望です。 

11.9.23 (9)

右の写真は久住山です。

11.9.23 (10)

南には阿蘇五岳も見えます。

11.9.23 (11)  

山頂で出会った人にお願いして記念撮影をします。

11.9.23 (12) 
 
十分に展望を楽しみ、久住山の方へと下っていきます。 

久住山にも登ろうかとも思いましたが今回はパスしました。

11.9.23 (13)

上の写真の分岐点から池の小屋へと向かいます。 

11.9.23 (14)

小屋では多くの登山者が休憩中です。

ここから望む御池の展望は最高です。 

11.9.23 (15)

上の写真は今回のお気に入り写真です。

11.9.23 (17)

御池を周回して天狗ヶ城に向います。 

下の写真は途中の大岩付近から見た御池です。 

11.9.23 (18)

山頂到着が11時15分でした。 

ここでも山頂に居た登山者の人にお願いしての記念撮影。

11.9.23 (20)

山頂から見る硫黄山の噴煙も好きな風景です。

11.9.23 (19)

展望スポットが多すぎて撮影も大変です。 

今度は中岳へと向います。 

中岳の山頂は多くの登山者で賑わっている様子です。
 
11.9.23 (21)

下の写真は振り返り天狗ヶ城と硫黄山方向の展望です。 

11.9.23 (22)

中岳の山頂到着が11時30分でした。 

下の写真は御池と久住山方向です。

11.9.23 (23)

遠くに由布岳、手前に平治岳と大船山をバックに記念撮影。
 
11.9.23 (25) 

下の写真は三俣山の展望です。 

11.9.23 (24)

中岳を後に急斜面を下ります。

11.9.23 (26)

ロープが設置された場所もあり、注意が必要です。

一旦、鞍部まで下りて再び稲星山山頂まで登り返します。 

本日2度目の稲星山山頂で再び記念撮影。

11.9.23 (27)  

12時丁度。

下の写真は山頂より次に向う白口岳方向です。 

11.9.23 (28)

写真の右の尾根伝いに登っていきます。

白口岳山頂には12時30分に到着です。

11.9.23 (29)

山頂周辺にはリンドウの花の群生が見られます。
 
11.9.23 (30)

ここから眺める三俣山はいいですね。

11.9.23 (31)

さらに由布岳と平治岳も最高ですね。

11.9.23 (32)

平治岳の左上に飛んでいるヘリコプターが見えますか? 

誰か救助を求めたのでしょうか?

下の写真は坊ヶツル方面の展望です。 

11.9.23 (33)

カラフルなテントが幾つも見えました。

白口岳からは急斜面を下り鉾立峠に向います。 

11.9.23 (35)

急な斜面に滑る路面で結構難儀なコースです。

途中の奇岩も記念撮影。

11.9.23 (34)

鉾立峠到着が1時10分。 

11.9.23 (36)

鉾立峠からは始めてのコースを進みます。 

佐渡窪と呼ばれる湿地帯に向います。

木で出来た階段があります。

11.9.23 (37)  

右手に佐渡窪かか見えます。
 
11.9.23 (38)

湿地帯には木道が設置してありますが水の多い時には迂回路へと進みます。

11.9.23 (39)

湿地帯にはアザミの群生が見られ、チクチクと刺さります。

ここからはなだらかな下りが続き、単調な樹林帯の中のルートです。 

鍋割坂を下り朽網分れ到着が2時25分。
 
11.9.23 (40)

朽網分れから本山登山口まではコンクリートの登山道となります。 

途中のアップダウンは僅かな傾斜ながら、階段は疲れた身体には ウンザリといったところです。

11.9.23 (41)

2時45分、スタートから6時間45分で無事に下山です。

11.9.23 (42)

駐車場や道路脇の車も合わせて10台程の登山者が居たようです。

帰り道でススキ越しに見た阿蘇五岳が秋の気配を感じさせます。

11.9.23 (43)

今回の登山は晴天に恵まれ、多くの登山者が満喫した一日を楽しんでいました。

私も何となく9月10日のリベンジが果たせたみたいな爽快な気分です。
 

本日見かけた花

花   花 (1)   花 (2)

花 (3)   花 (4)   花 (6)

花 (7)   花 (8)   花 (9)

花 (10)   花 (11)   花 (12)

花 (13)   花 (15)   花 (16)

花 (16)   花 (16)   花 (18)

花 (14) 


次に、せっかく竹田市の近くまで来たので、ちょっと時期が過ぎましたが、七ツ森古墳の彼岸花の群生を見に行くことにします。

   クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/23(金) 22:18:08|
  2. 大分県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<七ツ森古墳の彼岸花 | ホーム | 日田放生会>>

コメント

Re: クーチーさんへ

こんばんは。
コメント、有り難うございます。
山で出会った人からのコメントって特別うれしく感じます。
ヘタクソなブログですが時々でも訪問していたたけると嬉しいです。
今後とも宜しくお願いいたします。

  1. 2011/09/30(金) 00:32:41 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして
履歴から入室させていただきました
投稿日から「もしかして・・」
と映像を見てたら、
中岳から南斜面を下っているところを
撮ってもらってました
(4人のパーティでした)
顔写ってないので 大丈夫ですよ
これからも よろしくおねがいしま~す
  1. 2011/09/29(木) 23:20:18 |
  2. URL |
  3. クーチー #-
  4. [ 編集 ]

トレッキングさんへ

訪問有り難うございます。
少しでも参考になれば幸いです。
ブログ初心者で文章も下手で間違いなどもあろうかと思いますが、今後とも宜しくお願いいたします。
文章は間違ってもコースは間違いないです。
  1. 2011/09/27(火) 14:13:49 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。

本山登山道からのルートを知りたかったので、
大変参考になりました。
それにしても、
全行程で7時間未満とは恐れ入りました。

ちょくちょく遊びに来ます。
  1. 2011/09/27(火) 14:02:24 |
  2. URL |
  3. トレッキング #-
  4. [ 編集 ]

goodseedさんへ

そうなんです。
稲星山・白口岳はかわいそうな山なんです。
九重連山の一角に在るために日の目を見ない山なんです。
周りの展望も違った角度から見れて楽しいですよ。
是非、言ってみてください。
  1. 2011/09/26(月) 22:34:17 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

毎度毎度エンジョイさんの歩行距離はすごいですねぇ。

僕的に稲星山って久住山や中岳に人気があるのでかなり地味なイメージでした。
でも、景色なんかもよさそうだし機会があったら行ってみます♪
  1. 2011/09/26(月) 21:22:37 |
  2. URL |
  3. goodseed #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

今回は物凄い数のピークを踏まれたんですね。驚きです。
しかもこれだけ歩いて6時間45分ですか、物凄い健脚のようですね。
私だと10時間オーバーいや途中でリタイヤですね(笑)

  1. 2011/09/26(月) 19:56:02 |
  2. URL |
  3. ちっごがわ #MP7m8CYo
  4. [ 編集 ]

俊足

短時間でこれだけ歩くとは健脚ですね。
 私だったら一週間は、いやもっと必要です。
これだけ歩ければ爽快な気分に成られるはずです(^_^)

最後の7~8回のコンクリート階段はウンザリしますよね(^O^)

居ながらにして九重連山を楽しませていただき有り難うございました。
  1. 2011/09/25(日) 21:09:24 |
  2. URL |
  3. 九ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

随分楽しまれましたね。やはり天気が良いと気持ちよいです。写真は登っている感覚が味わえて楽しかったです。Y・K
  1. 2011/09/25(日) 08:30:19 |
  2. URL |
  3. Y・K #-
  4. [ 編集 ]

本当に凄いですね

昨日のうちに訪問できなくてすみません。

相当な体力をお持ちですね、短時間で
いくつもの山頂に登られてて、びっくりです!

空も青く、すすきの写真も素敵ですね。
本格的な登山ってこんな風に登るものなんだと
知らない世界を垣間見れて感謝です^^
  1. 2011/09/25(日) 00:46:37 |
  2. URL |
  3. hiromi #N.vW.TCs
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagahisa2977.blog69.fc2.com/tb.php/182-be75f043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (144)
佐賀県の山 (10)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (390)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (1)
東北の山 (5)
北アルプス (1)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (1)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (1)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (771)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示