fc2ブログ

エンジョイ登山

大船山 紅葉鑑賞  2023.10.21

待ちに待った紅葉の季節、今年は四国の石鎚山の紅葉を観に行こうと計画しましたが、100kmウォーク参加の疲れが残り計画倒れになりました。
そんな訳で今年の紅葉鑑賞の第一弾は大船山に行くことにしました。
今回は高校時代の同級生の財津さんと2人で登ります。
余り早い時間から出発しても御池に陽が射しこむのはお昼くらいなので、周囲が明るくなった6時30分の出発です。
天気予報は晴れの予報ですが先日の雨の影響も有ってか思ったよりもガスが多いようです。
日差しの無い中での紅葉はパッとしませんが、とりあえず撮影しながら超スローペースで足を進めます。
大船山 (1)
超スローペースにもかかわらず財津さんのペースが上がりません。
大船山 (2)
「調子でも悪いのかな・・?」と思いつつも「ガスが晴れなければ早く行っても仕方ないし、ノンビリ行きましょう。
大船山 (3)
雨ケ池到着が8時23分。
上空は多少青空も広がりつつありますが三俣山は雲の中、この時点では大船山の様子は確認できませんがおそらく同じでしょう。
大船山 (4)

大船山 (5)
坊ガツル到着が9時9分。
大船山 (6)
段原へと向かいますが下山してくる登山者もだんだんと多くなり、お互いに道を譲り合ったりでペースは更に遅くなります。
財津さんもペースも上がらないようで「先に行ってくれ・・・」との事ですが、私が先行して、来るのを待つを繰り返しながら進みます。
大船山 (7)
展望の開けた場所までやって来て撮影をしながら財津さんを待ちますがなかなか来ません。
大船山 (8)
じっとしていると寒くなるのでゆっくりと進み段原で待つことにします。
大船山が見えるところまでやって来ましたがやっぱりガスに覆われています。
大船山 (9)
これまでにすれ違った人の話では、「山頂からは御池の姿を望むことは出来なかった」と言う人が殆んどでした。
何としてでも私か行く頃には晴れて欲しいと思います。
段原到着が11時01分、多くの登山者が山頂方向を眺めながら晴れるのを待っています。
大船山 (10)
徐々に山頂が見え隠れするようになり期待は膨らみますが財津さんが来ません。
大船山 (11)
電話をしてもつながらないし、「どうかしたのかな・・?」
こんな天気状況では撮影のチャンスは多くないかも・・?
ここで待っていても仕方が無いので山頂へと向かうことにします。
お気に入りの場所なのですがパッとしません。
大船山 (12)

大船山 (13)
時折の日差しに登山者は期待を膨らませて待ちますが思うように晴れてくれません。
大船山 (14)

大船山 (15)
撮影を続けながら徐々に先へと進みますが登山者が多くて思うように進めません。
大船山 (16)
狭い登山道には山開きの時のような行列が出来ています。
大船山 (17)
高度を上げるごとに風も強まり何度か帽子を飛ばされそうになります。
大船山 (18)

大船山 (19)
気温も中々上がらず寒くて指先が痛くなります。
大船山 (20)
11時40分山頂到着、山頂は多くの登山者でごった返しています。
大船山 (22)
日差しは無いですが取り合えず御池の様子を撮影。
大船山 (21)

大船山 (22)

大船山 (23)

大船山 (24)

大船山 (25)
山頂に居ては寒くて仕方が無いので御池に降りて晴れるのを待つことにします。
大船山 (26)
すると間もなく青空が広がり始め一気にテンションはマックス状態。
大船山 (27)
残念ながら風が強くて池への映り込みは待っていても難しそうです。
大船山 (28)
何げなく岩の上を見ると人の姿が見えます。
大船山 (29)
「エッ!あそこにも登れるの・・?」
大船山 (30)

大船山 (31)
ここにも多くの登山者が居て、グループ写真を撮ったり、持ってきたマスコットとの記念撮影をしたり賑やかです。
大船山 (32)

大船山 (33)

大船山 (34)
池の向こう側に移動して岩の上からの撮影を試みます。
大船山 (35)
多くの登山者から顰蹙を買わないように目立たないよう、ものの数秒間での撮影です。

大船山山頂の様子。
大船山 (36)
いつもと違った角度からの撮影で最高です。
大船山 (37)

大船山 (38)

大船山 (39)
再び山頂に戻って財津さんの来るのを待っていると、「ただいま分岐点(段原)、足のけいれんのため頂上アタック不能!」との事。
大船山 (40)
先に下山を始めるとの事なのでパパッと撮影を済ませ私も下山する事にします。
大船山 (41)
長居してもこの先はピーカンの青空で変化はないでしょうから。
大船山 (42)

大船山 (43)

大船山 (44)
最後にせめて記念撮影でもと思いましたが順番待ちの状況なので断念。
大船山 (45)
下山中も何枚か撮影しましたが、渋滞での待ち時間に撮影するといった状況です。
大船山 (46)

大船山 (47)

大船山 (48)
段原まで戻りピーカンに晴れた状況での大船山を撮影。
大船山 (49)
立中山分岐手前で財津さんと合流。
けいれん予防の薬を飲むと症状も穏やかになり、自力で下山できるとの事で一安心。
大船山 (50)
その後はゆっくりと坊ガツルへと下り到着が14時37分。
大船山 (51)

大船山 (52)
小休止の後大船山をバックに、山頂で出来なかった記念撮影。
大船山 (53)
今日も多くのテントが張られています。ざっと100張り程ありそうです。
大船山 (54)
更に長者原登山口到着までに、テント泊らしき登山者と何人もすれ違ったので、更に多くなるでしょう。
17時52分に長者原登山到着。
随分暗くなってしまいましたがヘッドライトを使わず下山する事が出来ました。

大船山は体力的にも結構ハードな山だと思いますが、今回が28回目の登頂でした。
年齢・体力的に後何度登れるだろうか?と思ったりした事が有りますが、今回は全く疲れを感じず息を切らす事も無く登れました。
登山とはきついのが当たり前だと思っていましたが、登り方によってはこんなに楽に登れるんだと感じた一日でした。 


  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

スポンサーサイト



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2023/10/21(土) 23:59:59|
  2. 大分県の山
  3. | コメント:10
<<英彦山 紅葉鑑賞  2023.10.26 | ホーム | 第25回 行橋~別府100キロウォーク  2023.10.7~8>>

コメント

Re: ちっごかわさんへ

観賞時期としてはほぼドンピシャでした。
天候も最後に山の神様が微笑んでくれたので本当に良かったです。
対岸からの撮影はやっぱり気が引けますね。
先客が数名居ましたが堂々と岩の上にしばらく立ちつくしていました。
今は人物など不要な物は簡単に消せるアプリも出ていますので、一度試してみたくなります。
  1. 2023/10/23(月) 19:10:13 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

今晩は

お昼に記事を読んでその後、コメントを入れようとしていたら、息子に組み立て家具の組み立てを手伝ってと言われ、今になってしまいました。

やはり大船山の紅葉は良いですね、時期的にも丁度良かったのではないでしょうか。

ところで対岸の岩の上からの撮影で思い出しましたが、数年前私が訪れた時にも単独の男性が自撮り棒を持って撮影していましたが、余りにも時間が長く最後は「おい、兄ちゃんもうよかろうもん」と、クレームが入っていたのを思い出しました。

お連れさんの話は何となく分かります、今回は私も同じようで動けすに長時間の休憩になってしまい年は取りたくないと思いました。
  1. 2023/10/23(月) 18:40:04 |
  2. URL |
  3. ちっごがわ #MP7m8CYo
  4. [ 編集 ]

Re: ミャーンさんへ

私は下りは得意な方ですがやはり歳のせいか滑るケースは多くなりました。
靴のソールも随分とすり減って替え時かと思いますが、新しいのを1年前に購入はしていますが山に行く頻度が少なくなったので未だに古い靴を履いています。
怪我をする前に履き替えないといけませんね。
  1. 2023/10/23(月) 13:11:26 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: ミャーンさんへ

こんにちは。
私もミャーンさんが来てるのでは?と思ってましたが18日に登られていたのですね。
その時はかなり暑かったようですが今回は寒かったです。
登山開始時が5度・下山時が6度でした。
のんびり登ったので汗一つかかずに登れました。
  1. 2023/10/23(月) 13:05:55 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

Tsurikichiさんへ

  見落としていました、28回目ですか?
 19回目の私は数年前、北大船の下りで
 転んでから、特に下りが遅く苦手になり
 時間もかかるようになりました。
  まだまだですねえ!
  1. 2023/10/23(月) 12:24:46 |
  2. URL |
  3. ミヤーン #ir234CUI
  4. [ 編集 ]

 Tsurikichiさんへ

  やはり行かれましたか?
 私は18日(水)で、もしかしたらお会いできるかと
 思っていましたよ!
  でも、段原方面からと御池の逆方向からの写真
 さすが、Tsurikichiさん、うまいし、素晴らしいです!
  やはりキャリアと腕が違いますねえ!
 ポーズ、少なめでしたね!
         By ミヤーン
  1. 2023/10/23(月) 07:09:53 |
  2. URL |
  3. ミヤーン #ir234CUI
  4. [ 編集 ]

Re: fukuchanさんへ

こんばんは。
財津さんは本当に悔しかっただろうと思います。
山を楽しもうと思ったら日頃の運動は欠かせませんね。
  1. 2023/10/22(日) 22:45:00 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: ハッチャンさんへ

お疲れさまでした。
一時は天候の回復は望めないのかな?と心配しましたが、晴れてくれて良かったです。
また機会があればお付き合いください。
歳を取っても運動だけは続けないといけませんね。
お互いに頑張りましょう。
  1. 2023/10/22(日) 22:35:48 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

奇麗な紅葉ですね。
見ごたえがあります。
財津さんはこの奇麗な紅葉を見れなかったのですか。
残念ですね。
  1. 2023/10/22(日) 20:51:47 |
  2. URL |
  3. fukuchan #-
  4. [ 編集 ]

とてもいい天気に恵まれて素晴らしい紅葉を見ることできました。予定どおり山頂まで行けず申し訳なかったです。日頃の運動不足でついて行けず反省しております。秋の深まりは、これからですので、またブログ更新をお願いします。
  1. 2023/10/22(日) 20:34:31 |
  2. URL |
  3. ハッチャン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (192)
佐賀県の山 (13)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (468)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (2)
東北の山 (5)
北アルプス (4)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (2)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (2)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (961)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示