fc2ブログ

エンジョイ登山

坊ガツル テント泊 (パート1) 2022.8.28~29

9月末に予定している遠征を前に「果たして今の体力で登れるのだろうか・・・?」との思いから、重たい荷物を背負ってノリさんと 坊ガツルにテント泊する事にしました。

重たい荷物を背負っての登山は2019年の涸沢遠征以来3年振り、その頃に比べると随分体力が落ちています。

長者原を2時に出発。

坊ガツル (2)

坊ガツル (3)

歩き始めると思っていたよりも調子は良さそうです。

タデ原湿原を横切り雨ケ池へと向かいます。

花の撮影などをしながら進みますが、撮った花は最後にまとめて紹介することにします。

途中ハクビシンを発見。

坊ガツル (4)

途中のベンチで休憩タイム。

坊ガツル (5)

雨ケ池手前から徐々に疲れが出始めますが何とか頑張って進みます。

坊ガツル (6)

木々によっては早くも紅くなり始めた物もちらほら、秋の気配も感じられますが汗は容赦なく流れ落ちます。

坊ガツル (7)

3時55分に坊ガツルが見える場所までやって来ました。

坊ガツル (8)

張られたテントがポツポツと見えます。

坊ガツル (9)

ススキの穂も随分と成長していますが、見頃はもう少し先のようです。

坊ガツル (10)

坊ガツル (11)

坊ガツル (12)

テント場到着が4時30分頃。

さっそくマイホームの設営を始めますが、聞いた話では昨日はテントの数が70張り程あり、思う場所には張れなかったそうですが、 本日は10張り程度しか居ないようです。

坊ガツル (13)

前回のテント泊では設営ミスで床が凸凹していて寝づらかった苦い経験がありますが、今回は良い場所を確保。

寝っ転がって空を眺めると雲の様子からも秋を感じます。

空が焼けそうならば星生山にでも登り、夕焼け鑑賞の考えもありましたが、今日は余り期待できそうも無いのでこのままのんびりす ることにします。

行くとなると時間的にも体力的にもちょっときついかな~?

一息ついて法華院までビールの調達に向かいます。

坊ガツル (14)

私は殆んど酒類は飲みませんが、ノリさんの頭の中は「早く飲みたい!」との気持ちでいっぱいのようです。

坊ガツル (15)

キュ~ッ!と一口飲んだ後のこの笑顔、最高の笑顔ですね。(笑)

坊ガツル (16)

では私もそろそろ夕食の準備に取り掛かります。

坊ガツル (17)

準備と言っても温めるだけのレトルトカレーですけどね。

坊ガツル (18)

ご飯は炊いたものを家から持参、超簡単な夕食です。

暗くなると上空の雲も無くなり星の撮影が出来そうです。

坊ガツル (19)

「雲が多いので星の撮影は無理だろう?」と思い、軽量化のためカメラ・三脚等は置いてこようか?と思っていましたが、持ってきて 正解だったようです。

南の方角の天の川、うっすらと雲がかかり見ずらいですが・・・。

坊ガツル (20)

途中、飛行機が飛んだり登山者のヘッドライトの光が飛び込んできたりでなかなか上手くいきません。

星座に詳しいノリさんに色々と教えてもらいながら、北の方角の北斗七星とカシオペヤ座。

坊ガツル (21)

久しぶりにグルグル写真でも撮ろうと思い試みましたが、途中でバッテリー残量が残りわずかになりモニター表示が点滅。

最後まで持ってくれと祈る気持ちでとりあえず45枚撮影出来ました。

ぐるぐる①

ちょっと奇跡が短いですが・・・。

予備のバッテリーに交換して撮影を続けます。

テントの中にヘッドライトを灯し撮影しますがヘッドライトは1個しか持ってきておらず、撮影場所には明かりが無く四苦八苦しながら の撮影です。

坊ガツル (23)

光源となる予備のライトを持参するべきでした。

ノリさんが赤色のライトを持参していたのでテントの色を変えて撮影。

坊ガツル (22)

テントの灯かりが明るすぎると星が写らず、光量調整が難しい。

坊ガツル (24)

坊ガツル (25)

何枚も撮影しましたが納得のいくものは一枚も無くガックリです。

11時30分に就寝。

6時過ぎに起床。

予定では大船山に朝駆けしようか?との計画もありましたが、こちらも昨晩のうちに断念。

よってのんびりとした朝を迎える事が出来ました。

三俣山・天狗ヶ城・中岳の山頂付近にモルゲンロート、もう少し赤くなってくれると良いのですが・・。

坊ガツル (26)

坊ガツル (27)

坊ガツル (28)

坊ガツル (29)

坊ガツル (30)

時間と共に山頂付近にはガスが流れ込み、「朝駆けしてたらモルゲンが観れたかも・・?」

坊ガツル (31)

坊ガツル (32)

坊ガツル (33)

坊ガツル (34)

朝食を済ませテントをたたみます。

8時20分位に下山開始。

坊ガツル (35)

坊ガツル (36)

坊ガツル (37)

タデ原湿原にて花散策後、10時50分に平治号記念碑まで戻ってきました。

坊ガツル (38)

疲れはしましたが何とか許容範囲内で最後まで歩き切れた事によりホッと一安心。

撮りためた花の写真はパート2にて紹介します。


  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。


スポンサーサイト



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/08/29(月) 23:59:59|
  2. 大分県の山
  3. | コメント:0
<<坊ガツル テント泊 (パート2) 2022.8.28~29 | ホーム | ウスキキヌガサダケ 2022.8.20>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (194)
佐賀県の山 (13)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (468)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (2)
東北の山 (5)
北アルプス (4)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (2)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (2)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (971)

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示