エンジョイ登山

久住山山開き 1786.5m  2011/6/5

久住山山開き (赤川登山口より扇ヶ鼻~久住山周回)   

今日は久住山の山開きです。 

昨日の天気予報だと何とか午前中は天気も 持ちそうだとの事で、ミヤマキリシマの開花状態の調査をかねて、今までに登 ったことのないルートで行ってみることにしました。

 久住山山開き (40)

来週は息子と平治岳・大船山に登る予定です。

山開きといえば大勢の登山者が 集結して混雑は必至です。

赤川登山口からだと牧ノ戸ほどの混雑はないでしょう。

6時前に駐車場まで来ましたが 駐車スペースは余裕があります。

 久住山山開き (1)

最悪なことに家を出てから小雨 が降り続き、車内でしばらく様子を見るが、止みそうもありません。

中には登山(山開き)を諦めて 帰る人もいました。 

6時30分になりましたので雨具を着用してスタートです。 

最初の分岐(下の写真)でどちらに向おうかと悩みましたが、余り早い時間に久住山山頂に着いても、神事は10時からの予定です。

久住山山開き (3)  

先に扇ヶ鼻に行っても間に合うと判断して左手に進みます。

先行者が二人居てなかなか道を譲ってくれません。 

余りのんびりとしていると神事に間に合わなくなるのでは・・・? 

雨は降り続き登山道は黒土でドロドロです。 

なかなか前に出る事が出来ません。 

とうとうシビレを切らして半ば強引に前に出てペ ースを上げます。

久住山山開き (4)  

視界が開けてくるとミヤマキリシマも目に付くようになります。

 久住山山開き (5)

写真を撮ろうとしますがレンズに水滴が付き悪戦苦闘しながらの撮影です。

久住山山開き (6)  

新緑も美しいですが、新芽の赤も綺麗でした。

久住山山開き (7) 

久住山山開き (8) 

ペースを上げた事により一気に汗が吹き出てきます。 

雨具の中は濡れてしまってビチャビチャです。

吸汗速乾のアンダーウエアーにゴアテックスのレインウエアーを着ていても、やはりうっとうしい限りです。

久住山山開き (9) 

久住山山開き (10) 

イワカガミの花も見受けられます。(下の写真) 

久住山山開き (11) 

先に進まなくてはならないのに、ついつい立ち止まって撮影をするので、更にペー スを上げなくてはなりません。 

なだらかな上りも終わり急斜面が待ち構えています。 

ここを登れば扇ヶ鼻の山頂ですが、考えていたよりもずっと大変なコースです。

滑りまくる黒土に手を焼きながら山頂を目指します。 

アイゼンを持ってくればよかったなぁと思いました。

下の黄色い花は何でしょうか?

 久住山山開き (12)

やっとの思いで扇ヶ鼻の山頂に8時10分に到着しました。 

降りしきる雨の中での記念撮影です。

久住山山開き (13)  

山頂は貸しきり状態です。 

赤川登山口から登った人はみんな久住山直登のようです。 

牧ノ戸登山口からの人も居ません。

撮影を楽しみ久住山に向います。

久住山山開き (17)  

もう時間のことも気にせずに十分間に合いそうです。

 久住山山開き (16)

扇ヶ鼻分岐までの間にはイワカガミ(上の写真)やマイヅルソウ(下の写真)の群生も見受けられます。

 久住山山開き (14)

下の赤い花は何でしょう? 

久住山山開き (18) 

図鑑などで調べてもまちがっている事が多く、知っている人に教えてもらうのが一番ですね。

扇ヶ鼻分岐には多くの人が休んでいます。(下の写真) 

久住山山開き (19) 

休むといっても降り続く雨の中、腰をおろしている人は少ないみたいです。

 久住山山開き (20)

久住別れ手前の非難小屋で時間調整をしながら久住山に向います。 

お腹も空いて来たのでレーズンバターロールを2個食べましたが、屋根も無く雨の中で食べるのはいやですね。

久住山の山頂までは、色とりどりのレインウエアーを着た登山者でごったがえしています。 

しかしながらここから山頂までの登山路は 広い範囲で登って行けるので渋滞するようなことはありません。

山頂はすでに多くの人で賑わっています。(下の写真)

久住山山開き (21)  

神事の行なわれる10時には30分程ありますので周囲の展望を楽しむことに します。

久住山山開き (22) 

雨は降ってはいますが、ガスがかかる事も無く、そこそこの展望を楽しむ事ができました。

下の写真は三俣山と硫黄山の噴煙です。

久住山山開き (23) 

山頂では順番待ちをしながらも、一応記念撮影もできました。(下の写真) 

久住山山開き (24) 

お供え物も準備されまもなく始まります。(下の写真)

 久住山山開き (25)

山頂には1匹のハスキー犬もいました。(下の写真) 

 久住山山開き (27)

下の方には雲海も広がり、新緑と雲の動きがすばらしく、写真も撮りまくりです。

久住山山開き (26) 

久住山山開き (28) 

久住山山開き (29) 

神事が済むとお待ちかねのペナントの配布が始まりました。 

先着順に配ると聞いていましたが、11時位までは大丈夫みたいです。 

そうと解っていればもっと遅い時間から登ってもよかったかな?

 久住山山開き (30)

久住山山開き (31) 

10時30分に下山を開始しました。

久住山山開き (32)  

雲海に向っての急降下が始まります。

久住山山開き (33)  

何度と無く立ち止まり撮影を楽しみます。 

久住山山開き (34) 

こちらの斜面は扇ヶ鼻の南斜面に比べ、ミヤマキリシマは少ないようです。

 久住山山開き (35)

この下山ルートは扇ヶ鼻の南斜面に比べると更に急で、行けども行けども滑る路面の連続です。

中には泥んこになったついでに尻で滑って下りる人もいました。

しかしながら私としてみればこのコースはお気に入りのコースとなりました。 

高度感があり、展望も良くて最高です。

今度は天候の良い日に来たいと思います。

 久住山山開き (36)

下の写真はミズナラの木かな? 

久住山山開き (37) 

新緑に包まれた気持ちの良い森です。

登山口近くの清流にて汚れたウエアー・靴を洗いさっぱりしました。

 久住山山開き (38)

今日の雨は下山時までは一度も降り止むことはありませんでしたが、最高に楽しく又、最高に辛い登山を楽しむ事が出来ま した。

下の写真は山頂で頂いた記念のペナント です。

 久住山山開き

下の写真は帰りの車から見た風景です。 三愛レストハウス方面。

久住山山開き (39)

   クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ
    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/05(日) 21:44:57|
  2. 大分県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平治岳(3回目) 1642.8m  2011/6/18 | ホーム | カラ迫岳 1006m  2011/6/4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagahisa2977.blog69.fc2.com/tb.php/152-d4cf6bbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (144)
佐賀県の山 (10)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (392)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (1)
東北の山 (5)
北アルプス (1)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (1)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (1)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (775)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示