エンジョイ登山

白馬岳 (パート3) 2017.8.22

朝起きても状況は変わらず、予定していた縦走は断念。

下山するには昨日登ってきた大雪渓のコースを戻るのが一番早いでしょうが、せっかくなので白馬大池コースで栂池へと下る事に しました。

先ずは腹ごしらえをして白馬岳の山頂へと向かいます。

白馬岳 (67)

本来ならば昨日登るはずでしたが・・・。 

横殴りの雨と強風の中での記念撮影です。

白馬岳 (68)

撮影は居合わせた若者4人組にお願いしましたが、その後は下山までお互いに前後しながら進むことになりました。

まさかこのコースを通るとは思っても居ないので、この部分の地図も無く、コースタイムも解らぬままに進みます。

小蓮華山に向かう途中で雷鳥を発見。 

撮影したくてもこの雨の中どうやって・・・。 

この雨風の中ではレンズ交換は出来ないし、とりあえずついている広角レンズで撮影。

白馬岳 (69)

近寄ると逃げるし・・・。

撮れたかどうかは観るのも後回しにして先に進みます。 

小蓮華山では山頂標識のみの記念撮影。

白馬岳 (70)

更に船越の頭でも標識だけの撮影。

白馬岳 (71)

ガスの中に池が見え隠れしています。

白馬岳 (72)

白馬岳 (73)

「きっとあれが白馬大池だな! あそこまで行けばゴールは近いぞ!」 と少し元気が出ます。

家に帰って地図を広げてわかった事ですが、小蓮華山から白馬大池までは雷鳥坂と言うらしく、3度雷鳥を観る事が出来ました。

白馬岳 (74)

2度目も風雨の強い中での撮影でしたが、 「少し近づけたので最初の時よりもましかな?」

3度目も雨風が強く、撮影する気にもなれませんでした。

やっとの思いで大池に到着。

白馬岳 (75)

山荘のご主人?に栂池自然園までの時間を尋ねると2時間ほどだと教えてくれました。

「エエッ! まだそんなにあるの・・・!」  

私の中では大池と栂池自然園はすぐ近くだと思い込んでいたのでショックでした。

この後さらにショックだったのはカメラが動かなくなってしまいました。

雨に濡れたせいで各表示部のガラス面には内部から水滴がつきどうにもこうにもなりません。

白馬岳 (76)

白馬岳 (77)

白馬岳 (78)

ここからは全てスマホでの撮影です。

白馬大池山荘を後にして乗鞍岳へと向かいますが大きな岩がゴロゴロとあるコースを進みます。

その距離は思った以上に長く、体力を消耗します。 

相変わらず雨風は容赦なく吹き付けます。

乗鞍岳では山頂標識と大きなケルンの前の二か所での記念撮影。

白馬岳 (79)

白馬岳 (80)

下山途中にも雪渓がありました。 ここではアイゼンは使用せず。

白馬岳 (81)

白馬岳 (82)

滑らないように注意して進みます。

高層湿原の広がる天狗原への下りは、ゴロゴロとした歩きにくいコースが続きます。

白馬岳 (83)

白馬岳 (84)

更に天狗原から栂池自然へと向かう途中のコースも難路でした。

白馬岳 (85)

登山道と言うよりもまるで沢を下っていく感じです。

ざぶざぶと水たまりの中を進みます。 全身ずぶ濡れになり着替えも無く、 「こんな状態でバスに乗れるの・・?」

やっとの思いでロープウェイ乗り場に到着。

白馬岳 (86)

来たって言うよりもたどり着いたって感じです。

疲れもピーク、かなり足に来ています。

ここからはロープウェイとゴンドラを乗り継いで栂池高原へと下ります。

白馬岳 (87)

白馬岳 (88)

白馬岳 (89)

白馬岳 (90)

白馬岳 (91)

白馬岳 (92)

白馬岳 (93)

この頃になり天気も少し回復。

山の上と下とではこうも違うのかと唖然。

おかげでずぶ濡れの服も表面だけは乾き、何とかバスには乗れる程度になりました。

ここから車を停めてある八方まではバスで戻ります。

待ち時間にバス停で昼食です。

白馬岳 (94)

白馬山層のお弁当です。 
 
今回の登山では当初の目的だった鹿島槍ヶ岳までの縦走が出来ず残念。

天候の回復を待って明日・明後日、登り直そうかとも思いましたが、必ずしも天候が回 復するかどうかも分からないうえに、カメラは使えないとなると登る気力もなくなり帰る ことにしました。

八方まで戻り、3時に帰路につきます。

長野自動車道の梓川サービスエリアに立ち寄りお土産を買っていたところ、偶然にも 白馬山荘で同室だった方にバッタリ!

白馬岳 (95)

お互いにエェ~!ってな感じでびっくりでした。

お名前も聞いていませんでしたが、その節はお世話になりました。

おかげで楽しい思い出が出来ました。

写真の掲載を快く了解していただいたことにより、見る度に懐かしく思い出す事でしょう。

最後になりましたが、パート1の記事に書いたおじいさんから貰ってカメラバックに入れておいた氷砂糖ですが、バックの中で溶け 出してベトベト。

予備のライト・カメラのレリーズなど電気関係の品なので洗う事も出来ず、手入れが大変でした。

ハプニング・トラブル等々色々とあって思い出に残る登山となりました。

  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/27(日) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:10
<<天狗ヶ城・中岳 朝駆け (パート1) | ホーム | 白馬岳 (パート2) 2017.8.22>>

コメント

Re: けいこたんさんへ

やーめたっ。なんて言わずに是非行ってみてください。
80歳のおじいちゃんでさえ登っているのですから。
天候の変わりやすい山ですので、くれぐれも登る時期を間違わないように・・。
  1. 2017/08/29(火) 19:36:02 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: sanbarikiさんへ

こんばんは。
食事の内容は小屋によって随分と差がありますが、荷物を減らそうと思えば小屋の食事に頼らざるを得ません。
テント泊と違って時間が制限されるのはいやですね。
好きな時間に食べれたら良いのですが・・・。
  1. 2017/08/29(火) 19:27:31 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした!

この日は雨風がひどく、大変だったのですね。
それでもニコニコ写真に写るtsurikichiさんは、やはり強い人ですね。(^・^)
やはりカッコいい。(#^.^#)
いつか行きたいと思っていた白馬岳はとてもきつそうで、やーめたっ。
ブログで見せていただいただけで、満足しました。
  1. 2017/08/29(火) 13:50:37 |
  2. URL |
  3. けいこたん #ebUHSh3g
  4. [ 編集 ]

こんばんは
いつもありがとうございます
遠征でとても残念でしたね。
山小屋で夕食は気になるところ
ひどい夕食もエ〜これは朝食やろ〜
山小屋の食事だけでもブログのネタに
なりますね〜1枚目の写真を観て思いました
最悪な夕食は常念岳小屋でした
  1. 2017/08/29(火) 00:48:47 |
  2. URL |
  3. sanbariki #-
  4. [ 編集 ]

Re: yokoblueplanetさんへ

こんばんは。
カメラも乾燥させたら今のところは使えるようになりました。
砂糖でベタベタになった器具も、熱いお湯で拭き上げて、何とか大丈夫だとは思いますが・・?
今後は万全の雨対策を考えないといけません。
  1. 2017/08/28(月) 01:48:46 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: ミャーンさんへ

こんばんは。
悪天候時は避けての遠征のはずだったのですが、突発的に発生する豪雨などは予測できないですね。
予定の縦走が出来なくて残念です。
カメラは乾かしたら動くようになりましたが、この先不安です。
  1. 2017/08/28(月) 01:43:43 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: ちっごがわさんへ

こんばんは。
雨具は本来、雨を防ぐためのものでしょうが、今回は全く役に立ちませんでした。
途中で脱いだ方が動きやすかったかも・・。
カメラは車のヒーターで乾かしたら動くようになりました。
でもいつまた悪くなるか心配です。
久住山位ならいいですが、ハードな山の場合、重たいカメラは応えます。
軽量化も今後の検討材料です。
  1. 2017/08/28(月) 01:38:17 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした!

こんばんは。
今年は天候が本当に不順だったので、山も大変。
カメラは残念でしたが、怪我もなく帰宅できたことは何よりでした!
氷砂糖、、、
  1. 2017/08/27(日) 21:03:22 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

本当にお疲れ様でしたね!

 Tsurikichiさんへ

 天候に恵まれず残念でしたが、やはり
Tsurikichiさんはすごいですねえ。
 わたしも1度は雷鳥も見てみたいと思っては
いますが、なかなか行けなくて・・・・・・。
 近場で我慢しておきます。
カメラは大丈夫でしたか。
                 By ミヤーン
  1. 2017/08/27(日) 20:30:37 |
  2. URL |
  3. #B7gUnwgc
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした

今回の百名山は予定した山に登れず残念でした、今回登れなかった山も再び登り直さなければならないと大変ですね。
今回の行動はキャンセルということで高速代等の出費の払い戻しが欲しくなりますね(笑)

写真を見るとカッパのズボンもびしょぬれ状態で登山靴の中も水浸し状態で歩きにくかった出ようね。

ps
ところで作動不良になったカメラはその後無事回復したんでしょうか?

  1. 2017/08/27(日) 12:39:35 |
  2. URL |
  3. ちっごがわ #MP7m8CYo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (145)
佐賀県の山 (10)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (393)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (1)
東北の山 (5)
北アルプス (1)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (1)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (1)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (775)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示