エンジョイ登山

大崩山 1643.3m 2010/11/3

大崩山(2回目) 紅葉観賞

大崩山は2度目のチャレンジです。 

 マップ1s

前回は昨年の9月20日に登っていますが、その時は単独で、登山を始めて5ヶ月足らずで不安な中での登山でしたが、今回は2度目とあって以前みたいな不安はありません。

しかしながら、2週間ほど前に腰を痛めて(ギックリ腰?)今も少し傷みが有ります。

ゆっくり登れば大丈夫でしょう。  久し振りにH氏と登ります。

目的は紅葉観賞ですが、少し時期を外した感もありますが(1週間ほど遅すぎたかな?)期待をこめて登山口に向います。

自宅(H氏)を夜中の2時に出発し、登山口到着が4時45分。  

5時45分に暗い中を懐中電灯を持ってスタート。

大崩山荘のあたりでやっと明るくなってきました。

下の写真は6時30分ころに祝子川から望む大崩山方向の岩峰です。

10.11.3大崩山 (2)s  

紅葉も有り、期待が膨らんできます。

登山者の数は思っていたよりも少ないみたいですが、朝が早いからでしょうか?

10.11.3大崩山 (4)s 

ゆっくりとしたペースで進んで行きます。   汗をかかない程度のペースです。

10.11.3大崩山 (7)s  

昨年9月に登った時とは全く違った山様に感激でいっぱいです。

10.11.3大崩山 (10)s  

最高の天候に恵まれました。   風も無くベストの状態です。 

 10.11.3大崩山 (13)s

袖ダキ展望台から望む下ワク塚の展望は何度見てもすばらしい。

10.11.3大崩山 (21)s  

残念なことに、昨年と比べると太陽の位置が低いので、影の部分が多く、納得のいく写真が撮れません。 

太陽が昇るのをしばらく待ちましたが、見切りをつけて次の目的地の下ワク塚に向います。

下の写真は8時30分に撮影した小積ダキですが、陰になっているのが残念です。 

 10.11.3大崩山 (25)s

大崩山は全般的に危険な箇所が多いので、足を滑らせないように、特に注意が必要です。 

以前に比べると高い所にも慣れたとはいえ、やっぱり怖いですね。 

 10.11.3大崩山 (32)s

今回はH氏と同行ですのでお互いに写真を撮りあいながら、1人では撮ることの出来ない写真を撮る事が出来ました。

上の写真は下ワク塚の頂上ですが、1人では到底撮影不可能なショットです。 

 10.11.3大崩山 (36)s

紅葉も陽が昇ると共に鮮やかさもだんだんと増してきたような気がします。

10.11.3大崩山 (38)s 

10.11.3大崩山 (40)s 

下ワク塚から中ワク塚へと進みます。

10.11.3大崩山 (45)s 

10.11.3大崩山 (49)s  

右下写真は中ワク塚の頂上です。  H氏がアリの様に小さく写っています。

10.11.3大崩山 (53)s 

岩の頂上の窪みには氷が張っていました。 

10.11.3大崩山 (51)s 

大崩山の岩肌は全般的に、比較的すべりにくいので助かります。 

 10.11.3大崩山 (53)s

10.11.3大崩山 (55)s 

さらに上ワク塚へと進みます。 

前回来た時は左手の狭い岩穴から上に上がりましたが、今はロープが外されているみたいです。

今回は右手の方の別ルートから上りました。 

 10.11.3大崩山 (57)s

上では食事をしている人が居ましたが、朝食でしょうか? それとも昼食? ただ今の時刻は10時30分です。 

 私も上ワク塚下の広場にてちょっと早めの昼食を採りました。 

ここまでゆっくりと登って来たので汗らしい汗もかかず、殆んど喉も渇かず、持ってきたお茶も今回は余りそうです。 

前回来た時は暑くてたまらず、脱水症状気味だったのを思い出します。 

 10.11.3大崩山 (58)s

10.11.3大崩山 (62)s 

上ワク塚を後にしてリンドウの丘へと向います。 

 今回は大崩山山頂へは行きませんでした。 

行っても山頂からの展望は無く、それよりも、リンドウの丘・小積ダキ・象岩・見返りの塔での展望・撮影に時間を費やしたいと思います。

下の写真はリンドウの丘での撮影です。

10.11.3大崩山 (68)s 

10.11.3大崩山 (69)s 
 
10.11.3大崩山 (77)s  

10.11.3大崩山 (84)s 

岩の下は切り立った崖で、高度感抜群です。  下の写真は象岩です。

10.11.3大崩山 (87)s 

下の写真は前回見逃した象岩の岩峰にも登り記念撮影です。 

 10.11.3大崩山 (92)s

象岩の岩峰から望む展望も最高でした。

10.11.3大崩山 (95)s 

10.11.3大崩山 (97)s  

岩壁には赤・黄の紅葉が見られ岩とのマッチングが絶妙です。 

 10.11.3大崩山 (110)s

10.11.3大崩山 (111)s 

10.11.3大崩山 (107)s 

さらに見返りの塔へと進み小積みダキを望みます。

10.11.3大崩山 (120)s  

H氏のお気に入りのスポットだけあってすばらしいですね。

時刻は12時30分で太陽はほぼ最高点に達していますが、この時期の陽射は斜めで、どうしても影の部分が出来てしまいます。 

 10.11.3大崩山 (122)s

10.11.3大崩山 (124)s 

見返りの塔から米岩(下の写真)を通り、どんどんと高度を下げていきます。

10.11.3大崩山 (133)s  

かなりの急坂が続き、いくつもの梯子を降りていきます。 

最後まで気を抜くことが出来ません。 

10.11.3大崩山 (125)s 

H氏は久し振りの登山とあって、足に乳酸が溜まったのかペースが上がりません。

私のほうは腰の不安はあるものの、足のほうは快調そのものです。  

ずいぶんとスタミナも着いたものだと思います。

祝子川まで降りてきました。 

10.11.3大崩山 (135)s 

冷たい水で顔を洗います。

いつもながら最高に気持ちの良い瞬間です。

10.11.3大崩山 (139)s 

大崩山荘を経由して登山口到着が2時10分でした。

本日の登山は、最高の天候に恵まれ、風も無く空は青空、心地よい雲がアクセントとなり、空気は澄んで展望も良く、何から何まで最高ずくめの一日でした。 

今度来るときには逆コースで登りたいと思います。 

又、三里河原コースもたどってみたいと、次から次へと欲望が湧いてきます。 

大崩山って本当に素晴らしい山だと思います。


   クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ
    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/11/03(水) 12:44:37|
  2. 宮崎県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千灯岳 605.8m 2010/11/13 | ホーム | 檜原山 734.9m 2010/10/30>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagahisa2977.blog69.fc2.com/tb.php/121-c88a0e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (144)
佐賀県の山 (10)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (392)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (1)
東北の山 (5)
北アルプス (1)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (1)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (1)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (775)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示