エンジョイ登山

耶馬渓 競秀峰巡り (パート1)  2015.2.8

7日(土曜日)に天狗ケ城へ朝駆けしようかとも思いましたが、GPV気象予報を見ると雲の多いすっきりしない天気のようです。
 
いつも行動を共にしている ノリさん とも相談して、今回の朝駆けは中止する事にしました。

おかげで7日の土曜日は一日中家でゴロゴロ。

一歩も家から出ませんでした。

今日も目を覚ますと昨日同様にすっきりしない天気。

かと言って家でじっとしているのも退屈だし・・・。

そこで近場の山にでも登ってみようと思い立ち、以前 から一度行ってみたかった耶馬渓の競秀峰巡りを計画。

今回も長谷部君を誘って急遽出かけて行きました。

マップ..

耶馬渓に向かう途中、雨が降り出しましたが大したことは無さそうです。

回復する事を信じて現地に向かいます。

10時10分にレインウェアーを着込んで出発です。

雨のため今回はカメラも持たずに登ります。

今回掲載の写真はすべてスマホでの撮影です。

本来ならば青の洞門登山口から入山の予定でしたが工事による通行止めの影響で弘法寺登山口から入山しました。

スタート地点の駐車場

耶馬溪 競秀峰 (1)

耶馬溪 競秀峰 (2)

弘法寺

耶馬溪 競秀峰 (3)

馬の背分岐から陣の岩へと進みます。

耶馬溪 競秀峰 (4)

雨に濡れた岩場の登山道は危険極まりないものです。

耶馬溪 競秀峰 (5)

十分に注意を払いながら先へと進みます。

耶馬溪 競秀峰 (6)

耶馬溪 競秀峰 (7)

陣の岩展望台に到着です。

耶馬溪 競秀峰 (8)

高度感抜群です。

耶馬溪 競秀峰 (9)

岩峰に立つと久しぶりに尻のあたりがズンズンします。

耶馬溪 競秀峰 (10)

考えてみればしばらく高度感のある山には登ってません。

耶馬溪 競秀峰 (11)

昨年夏の北アルプス(剱岳)以来でしょうか・・・?

耶馬溪 競秀峰 (12)

競秀峰は標高こそ低いものの高度感は抜群です。 

結構風が強いので恐怖感が増します。

先程まで降っていた雨も上がり徐々に青空も広がり始めました。

そうなるとカメラを持って来なかったのが悔やまれます。 

逆光の中でのスマホ撮影では限界を感じます。

馬の瀬から先程までいた岩尾根を撮影。 

先端に長谷部君が小さく見えます。

耶馬溪 競秀峰 (13)

耶馬溪 競秀峰 (14)

この後、釣鐘岩へと進むのですが道が不明瞭でまさかのミスコース。

耶馬溪 競秀峰 (15)

耶馬溪 競秀峰 (16)

随分と回り道をしながら、また藪漕ぎを強いられながらも何とか釣鐘岩の見える場所までやって来ました。

耶馬溪 競秀峰 (17)

耶馬溪 競秀峰 (18)

耶馬溪 競秀峰 (19)

見事としか言いようのない素晴らしい展望です。

耶馬溪 競秀峰 (20)

耶馬溪 競秀峰 (21)

「紅葉の時期にもう一度来ようね!」 と長谷部君と約束して先に進みます。

耶馬溪 競秀峰 (22)

耶馬溪 競秀峰 (23)

続き(パート2)を見る。   


  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/09(月) 00:31:41|
  2. 福岡県の山
  3. | コメント:10
<<耶馬渓 競秀峰巡り (パート2)  2015.2.8 | ホーム | ミツマタの蕾  2015.2.2>>

コメント

Re: 隆善和尚さんへ

こんばんは。
コメント有難うございます。
始めて競秀峰に登りましたが、なかなか楽しい山歩きが出来ました。
1月下旬に行けるかどうかはわかりませんが、また行きたい山ですね。
出来れば紅葉の時期に行きたいです。
今度行く時には弘法寺にもご挨拶に伺いたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
  1. 2015/04/17(金) 23:25:55 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

競秀峰事務局件弘法寺の住職をしています隆善和尚です。

競秀峰を登山していただきありがとうございました。

毎年1月下旬の日曜日に新春登山をしています。

羅漢寺、古羅漢などにも登ります。

ぜんざいの接待、福引などもあります。

先のことですが、近くなりましたら、中津市本耶馬家町のHPで確認していただければ記載しています。

お友達連れでどうぞご参加ください。

大分市の方、築城町、椎田などからも参加してくださいます。
日田の方も参加してくださったことがあります。
  1. 2015/04/17(金) 09:53:37 |
  2. URL |
  3. 隆善和尚 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 鍵コメさんへ

こんばんは。
写真の使用に関しては使っていただいて結構ですよ。
私はFBはやっていません。
何だか難しそうで・・・。
慣れてしまえば出来るのでしょうが・・・。
  1. 2015/02/23(月) 19:38:09 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/02/23(月) 16:51:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: ちっごがわさんへ

以前にどこかのテレビ局が放送していました。
一度は行ってみたいと思っていましたが、やっと行く事が出来ました。
正規の登山ルートから逸れたおかげで更なる絶景を見る事が出来ました。
故意に外れたのではありませんが、不幸中の幸いってやつですね。
秋にもう一度チャレンジの予定です。
  1. 2015/02/10(火) 00:08:45 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: トレッキングさんへ

こんばんは。
登山時間は短いものの、一つコースを外れると厄介な山です。
断崖絶壁の危険な場所が点在しますので。
くれぐれも注意して臨んでください。
  1. 2015/02/10(火) 00:03:04 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

Re: ふくちゃんさんへ

こんばんは。
秋の紅葉シーズンが楽しみで゛はありますが、大変危険な山でもあります。
多くの人が訪れるようになると事故の起きる可能性も・・・。
何よりも登山道の整備に力を入れてもらいたいです。
  1. 2015/02/09(月) 23:59:51 |
  2. URL |
  3. tsurikichi #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

週末は暇を持て余していたようですね。
特に土曜日は一歩も出なかったとは、だから九重がイマイチの天気だったのですね(笑)

それにしても、耶馬渓は下から紅葉を眺めたことしかなかったんですが、見事な周回路があるとは知りませんでした。
街並みが見える分高度感がありそうですね。

  1. 2015/02/09(月) 12:44:41 |
  2. URL |
  3. ちっごがわ #MP7m8CYo
  4. [ 編集 ]

なるほど!!

なるほど。
このコース最高ですね。
国東の峰めぐりに似て冬場のトレーニングに最適。
晩秋にチャレンジしてみます。
  1. 2015/02/09(月) 09:43:10 |
  2. URL |
  3. トレッキング #-
  4. [ 編集 ]

なかなか良いところですね。まゆみやかえでがあれば秋の紅葉には人気がでそうですね。
  1. 2015/02/09(月) 06:40:04 |
  2. URL |
  3. ふくちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (144)
佐賀県の山 (10)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (392)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (1)
東北の山 (5)
北アルプス (1)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (1)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (1)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (775)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示