fc2ブログ

エンジョイ登山

裏英彦山 紅葉鑑賞  2023.10.30

26日の紅葉鑑賞に続き今季3度目の紅葉鑑賞に出かけてきました。
今回も前回同様に英彦山に行きましたが、コースを変えて薬師峠から出発し、裏英彦山の紅葉を主に楽しんできました。
今回は久しぶりにノリさんと二人で登りました。
8時12分に薬師峠の駐車スペースに車を停めて8時18分に高巣山登山口からの入山です。
高度を上げて行くとポツリポツリと色づいた木々が目に飛び込んできます。
裏英彦山 (1)

裏英彦山 (2)

裏英彦山 (3)
裏英彦山エリアでの撮影は山腹の全体的な紅葉ではなく、点在する個々の紅葉を探しながらの撮影が主体となります。
裏英彦山 (4)

裏英彦山 (5)

裏英彦山 (6)
撮影を続けながら北岳分岐から左方向に進みケルンの谷を目指します。
裏英彦山 (7)
登山道には大量の落ち葉が散って、コースが不明瞭になっている場所が多々あります。
裏英彦山 (8)
目印のテープを頼りに進みますが、それだけでは正規のルートから外れそうになります。
裏英彦山 (9)
そんな場合はスマホにてヤマップの地図を開きます。
裏英彦山 (10)
昔に比べると随分便利になったものですね。
裏英彦山 (11)
以前は地図とコンパスで現在地を調べながら進んでいましたが、今はアプリを立ち上げると現在地と進むべき方向が瞬時にわか るのですから・・・。
落ち葉の積もった登山道は足にやさしくふわふわして心地よいものですが、うっかりしていると急な斜面などではよく滑ります。
現在履いている登山靴もとっくに替え時なのですが、1年以上前に新しいものを購入しておきながら未だに古い靴を履いています。
折角の新品靴も履かないと逆に劣化してしまうかも。 次の登山からは新しい靴で登ろうと思います。
ケルンの谷にて小休止。
ここからは南岳への直登ルートも有りますが、私たちは更に先の鹿の角経由で南岳を目指します。
鹿の角手前の断崖絶壁に登り撮影タイム。
裏英彦山 (12)
上空は晴れているのですが徐々に雲が多くなってきました。
裏英彦山 (14)
雲の動きが遅く晴れるのを待ちながらの撮影です。
裏英彦山 (15)

裏英彦山 (16)
鹿の角到着が11時07分。
裏英彦山 (17)
樹幹越しに南岳を望みます。
裏英彦山 (18)

裏英彦山 (19)

裏英彦山 (20)

裏英彦山 (21)
これからは南岳山頂までは急な斜面が続きます。
裏英彦山 (23)
特に鬼の舌と呼ばれるところからは長いロープ伝いに登ります。
裏英彦山 (24)
滑落の恐れのある場所なので慎重に、更には落石の危険もあるので間隔を持って登ります。
上宮の見える場所までやって来ました。
裏英彦山 (25)

裏英彦山 (26)
今回は前回よりも紅葉が進み何とか紅いモミジとのコラボ撮影が出来ました。
裏英彦山 (27)

裏英彦山 (28)
12時40分に南岳山頂に到着、 ここから先は前回同様の材木石~鬼杉上部の分岐~奉幣殿~別所駐車場へと下山していきます。
裏英彦山 (29)
前回も撮影した場所ですが少し紅葉が進んでいるようです。
裏英彦山 (30)
既に進み過ぎて色を失いかけた木々も目立ちます。
裏英彦山 (31)

裏英彦山 (32)
同じ英彦山でも場所によって紅葉の進み具合が違うのが悩みの種で、綺麗な写真を撮ろうと思えば毎日登るしかないですね。(笑)
裏英彦山 (33)

裏英彦山 (34)

裏英彦山 (35)
材木石の上のお気に入りの大モミジ、今回も撮影しましたが今一でした。
裏英彦山 (36)

裏英彦山 (37)
ここから先は、南岳ルートで下山するのは初めてだという登山者の道案内をしながら奉幣殿へと足を進めます。
奉幣殿到着が14時20分。
別所駐車場到着が14時50分。
本日の合計時間は6時間38分、距離は7.7kmでした。
今回は前回よりもちょっとだけペースアップしましたが、比較的のんびりだったので余力を残しながらの登山でした。
ノリさんとも久しぶりに登れて楽しい一日でした。


  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

スポンサーサイト



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2023/10/30(月) 22:20:49|
  2. 福岡県の山
  3. | コメント:4

英彦山 紅葉鑑賞  2023.10.26

英彦山の紅葉はまだ早いだろうな~と思いつつ、ネットで調べてみるとそこそこに色づいている様子。
今日ならかみさんも都合が良いとの事で早速行ってみる事にしました。
今回は別所からではなく参道の売店の所から9時20分に出発です。
参道脇・奉幣殿の紅葉の様子からするとやっぱり少し早すぎたようです。
暫くは撮影しようと思う被写体が見つからず、のんびりと進みます。
最初の一枚は材木石の上にある大きなモミジの木、私のお気に入りの場所なのですが思ったほどには色付いていません。
英彦山 (30)
昨年は10月29日にノリさんと登り、その時も少し早すぎてパッとしない色付きでしたが、更に悪い状況です。
英彦山 (29)
時期が早すぎたので色付きが悪いのは当たり前かもしれませんが、今年は葉枯れした葉っぱが多い様に感じます。
英彦山 (1)
先日の冷え込みの後、暖かい日が数日続いたからか、水不足なのかはわかりませんが・・・。
英彦山 (3)

英彦山 (4)
この上の鎖場のあたりまで行けば多少色付いているだろうと期待しながら先に進みます。
英彦山 (5)
今日の天候は晴れ予報、なのに薄雲が広がり日差しも弱く色づいた木々もパッとしません。
のんびりと歩いていますが気温は20度以上、シャツ一枚でも汗ばんできます。
先日、大船山に登った時はフリースを着込んでいても寒くてたまりませんでしたが・・・。
鎖場の所まで来ると左方向の展望が開けます。
英彦山 (6)

英彦山 (7)

英彦山 (8)
もう数日すればもう少し色付いてくれるとは思いますが、今日の所は少し期待外れの景色です。
英彦山 (9)

英彦山 (10)

英彦山 (11)
鎖場の岩場からの撮影です。
英彦山 (12)

英彦山 (13)

英彦山 (14)

英彦山 (15)
南岳山頂到着が11時56分。
英彦山 (20)
いつもの記念撮影ですが、今回は久しぶりに何かパフォーマンスをと思い試みましたが、写真の整理をしていてまともな物が無かっ ったので省略です。
この先は上宮の建て替え工事のため通行止めで通れませんので、裏英彦山へと下り、鹿の角経由の周回ルートで帰ろうかとも思 いましたが、今後の予定に間に合わなくなりそうで・・・。
止む無く来た道を引き返すことにしました。
その前に上宮の様子を南岳山頂より撮影。
英彦山 (18)
綺麗な紅葉を絡めて撮影したかったのですが綺麗な木が見つからず・・・。
英彦山 (19)

英彦山 (21)
12時45分下山開始。
英彦山 (22)

英彦山 (23)

英彦山 (24)

英彦山 (28)
この花はキッコウハグマ?
英彦山 (31)
今日撮影した唯一の花です。
英彦山 (32) 2時40分無事下山。

もう一度ピーク時に来たいですが果たして綺麗な紅葉が観れるでしょうか・・?
今日の様子からだと今年は不作の年ではないかと思えるのですが・・・。
綺麗だ!との情報が飛び込んでこなければ、次回訪れるのは積雪期かな・・・。


  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2023/10/26(木) 22:10:11|
  2. 福岡県の山
  3. | コメント:4

大船山 紅葉鑑賞  2023.10.21

待ちに待った紅葉の季節、今年は四国の石鎚山の紅葉を観に行こうと計画しましたが、100kmウォーク参加の疲れが残り計画倒れになりました。
そんな訳で今年の紅葉鑑賞の第一弾は大船山に行くことにしました。
今回は高校時代の同級生の財津さんと2人で登ります。
余り早い時間から出発しても御池に陽が射しこむのはお昼くらいなので、周囲が明るくなった6時30分の出発です。
天気予報は晴れの予報ですが先日の雨の影響も有ってか思ったよりもガスが多いようです。
日差しの無い中での紅葉はパッとしませんが、とりあえず撮影しながら超スローペースで足を進めます。
大船山 (1)
超スローペースにもかかわらず財津さんのペースが上がりません。
大船山 (2)
「調子でも悪いのかな・・?」と思いつつも「ガスが晴れなければ早く行っても仕方ないし、ノンビリ行きましょう。
大船山 (3)
雨ケ池到着が8時23分。
上空は多少青空も広がりつつありますが三俣山は雲の中、この時点では大船山の様子は確認できませんがおそらく同じでしょう。
大船山 (4)

大船山 (5)
坊ガツル到着が9時9分。
大船山 (6)
段原へと向かいますが下山してくる登山者もだんだんと多くなり、お互いに道を譲り合ったりでペースは更に遅くなります。
財津さんもペースも上がらないようで「先に行ってくれ・・・」との事ですが、私が先行して、来るのを待つを繰り返しながら進みます。
大船山 (7)
展望の開けた場所までやって来て撮影をしながら財津さんを待ちますがなかなか来ません。
大船山 (8)
じっとしていると寒くなるのでゆっくりと進み段原で待つことにします。
大船山が見えるところまでやって来ましたがやっぱりガスに覆われています。
大船山 (9)
これまでにすれ違った人の話では、「山頂からは御池の姿を望むことは出来なかった」と言う人が殆んどでした。
何としてでも私か行く頃には晴れて欲しいと思います。
段原到着が11時01分、多くの登山者が山頂方向を眺めながら晴れるのを待っています。
大船山 (10)
徐々に山頂が見え隠れするようになり期待は膨らみますが財津さんが来ません。
大船山 (11)
電話をしてもつながらないし、「どうかしたのかな・・?」
こんな天気状況では撮影のチャンスは多くないかも・・?
ここで待っていても仕方が無いので山頂へと向かうことにします。
お気に入りの場所なのですがパッとしません。
大船山 (12)

大船山 (13)
時折の日差しに登山者は期待を膨らませて待ちますが思うように晴れてくれません。
大船山 (14)

大船山 (15)
撮影を続けながら徐々に先へと進みますが登山者が多くて思うように進めません。
大船山 (16)
狭い登山道には山開きの時のような行列が出来ています。
大船山 (17)
高度を上げるごとに風も強まり何度か帽子を飛ばされそうになります。
大船山 (18)

大船山 (19)
気温も中々上がらず寒くて指先が痛くなります。
大船山 (20)
11時40分山頂到着、山頂は多くの登山者でごった返しています。
大船山 (22)
日差しは無いですが取り合えず御池の様子を撮影。
大船山 (21)

大船山 (22)

大船山 (23)

大船山 (24)

大船山 (25)
山頂に居ては寒くて仕方が無いので御池に降りて晴れるのを待つことにします。
大船山 (26)
すると間もなく青空が広がり始め一気にテンションはマックス状態。
大船山 (27)
残念ながら風が強くて池への映り込みは待っていても難しそうです。
大船山 (28)
何げなく岩の上を見ると人の姿が見えます。
大船山 (29)
「エッ!あそこにも登れるの・・?」
大船山 (30)

大船山 (31)
ここにも多くの登山者が居て、グループ写真を撮ったり、持ってきたマスコットとの記念撮影をしたり賑やかです。
大船山 (32)

大船山 (33)

大船山 (34)
池の向こう側に移動して岩の上からの撮影を試みます。
大船山 (35)
多くの登山者から顰蹙を買わないように目立たないよう、ものの数秒間での撮影です。

大船山山頂の様子。
大船山 (36)
いつもと違った角度からの撮影で最高です。
大船山 (37)

大船山 (38)

大船山 (39)
再び山頂に戻って財津さんの来るのを待っていると、「ただいま分岐点(段原)、足のけいれんのため頂上アタック不能!」との事。
大船山 (40)
先に下山を始めるとの事なのでパパッと撮影を済ませ私も下山する事にします。
大船山 (41)
長居してもこの先はピーカンの青空で変化はないでしょうから。
大船山 (42)

大船山 (43)

大船山 (44)
最後にせめて記念撮影でもと思いましたが順番待ちの状況なので断念。
大船山 (45)
下山中も何枚か撮影しましたが、渋滞での待ち時間に撮影するといった状況です。
大船山 (46)

大船山 (47)

大船山 (48)
段原まで戻りピーカンに晴れた状況での大船山を撮影。
大船山 (49)
立中山分岐手前で財津さんと合流。
けいれん予防の薬を飲むと症状も穏やかになり、自力で下山できるとの事で一安心。
大船山 (50)
その後はゆっくりと坊ガツルへと下り到着が14時37分。
大船山 (51)

大船山 (52)
小休止の後大船山をバックに、山頂で出来なかった記念撮影。
大船山 (53)
今日も多くのテントが張られています。ざっと100張り程ありそうです。
大船山 (54)
更に長者原登山口到着までに、テント泊らしき登山者と何人もすれ違ったので、更に多くなるでしょう。
17時52分に長者原登山到着。
随分暗くなってしまいましたがヘッドライトを使わず下山する事が出来ました。

大船山は体力的にも結構ハードな山だと思いますが、今回が28回目の登頂でした。
年齢・体力的に後何度登れるだろうか?と思ったりした事が有りますが、今回は全く疲れを感じず息を切らす事も無く登れました。
登山とはきついのが当たり前だと思っていましたが、登り方によってはこんなに楽に登れるんだと感じた一日でした。 


  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2023/10/21(土) 23:59:59|
  2. 大分県の山
  3. | コメント:10

第25回 行橋~別府100キロウォーク  2023.10.7~8

全国から約3500人の参加者を集め、第25回 行橋~別府100キロウォークが開催されました。

先ずは会場の様子です。

100キロウォーク (1)

100キロウォーク (5)

100キロウォーク (6)

 日曜日の天候に不安を感じながらも自身3度目の参加となりました。

参加申し込みをした時点ではトレーニングを積んで出場の予定でしたが、所用や天候不良等が重なり、全くのぶっつけ本番での出場です。

行ける所まで行って雨でも降ろうものならその時点で止めればいいやなんて思いながら・・・。

かみさんは今年が5回目の出場です。

開会式にはノリさんが応援に駆けつけてくれました。

100キロウォーク (2)

100キロウォーク (3)

いよいよスタートの時刻です。

先頭から27分遅れでスタートします。

100キロウォーク (7)

草履で参加の人も居ます。

100キロウォーク (8)

歩きだしてみると思ったよりも調子は良さそう。

以前は大会前に30㎞~50㎞の距離を何度か歩きますが今回は一度も無く中津まで行けるか心配でしたが・・・。

中津のチェックポイント(36㎞地点・19時26分)

100キロウォーク (9)

この頃からあわよくば自己記録を狙ってみようと思うようになり、ここから先はペース配分に気を配り歩きます。

自己記録は2度目の参加時の21時間19分22秒です。

更に20時間切も狙ってみようかと欲はどんどんと大きくなってきます。

20時間を切れば次回からのゼッケンの色も変わります。

50km通過時点でのタイムは9時間44分40秒、

100キロウォーク (17)

この時点で15分20秒の貯金が出来ました。

宇佐神宮前(23時46分)

100キロウォーク (10)

宇佐のチェックポイント(61.6km地点・0時48分)

100キロウォーク (11)

70㎞地点での貯金は1分59秒に減少。

雨が降り出したので雨具を着用したり準備に時間を取られてしまいました。

この先の難所ではタイムロスは必至、ロスを最小限に抑えようと頑張りますが思うように行かず。

一番の難所の七曲り峠、700m急な登りが続きます。(79㎞地点・4時33分)

いつもなら空が明るくなり始めていたのですが今年は1時間ほど早いので辺りは真っ暗。

峠の上部には竹灯篭が飾られていました。

100キロウォーク (12)

七曲り先の80km地点では9分58秒の遅れとなりました。

100キロウォーク (20)

遅れを取り戻そうと得意の下りで一気に取り戻しましたがかなり足に来ました。

日出町のチェックポイントに到着した頃にはどんなに頑張っても取り返せない遅れとなりました。(15分の遅れ)

この先は信号機も多く運が悪ければ一つの信号で1分~2分の遅れとなります。

この時点で20時間切は諦め残りの13.4㎞はのんびり帰ることにします。

せめてゴールするまで雨が降らなければ間違いなく20時間は切れたかと思うと悔しさがこみ上げてきます。

別府湾が見渡せる場所までやって来ました。(6時43分)

100キロウォーク (13)

ゴール前でスタッフの方にお願いして記念撮影。

偉く傾いていますが私の体もボロボロで真っすぐ立っているのがやっとです。

100キロウォーク (15)

20時間は切れませんでしたが前回の自己記録は更新できたので満足です。

ぶっつけ本番で自己記録更新なんて出来過ぎの大会でしたが、途中からは雨具も脱ぎ捨ててびしょ濡れ、思い出深い大会となりました。

100キロウォーク (16)

ちなみにかみさんは残念ながら最終区間を残して途中リタイヤでした。


  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2023/10/08(日) 22:20:03|
  2. 未分類
  3. | コメント:8

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (192)
佐賀県の山 (13)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (468)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (2)
東北の山 (5)
北アルプス (4)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (2)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (2)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (961)

カレンダー

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示