fc2ブログ

エンジョイ登山

月下美人  2019.6.26

午前中の涼しい時間に畑の草刈り作業に出かけてきましたが、昼頃になると雨が降り出しました。

予定していた草刈作業も完全ではありませんが早めに切り上げて家に帰ると・・・。

「おおぉぉ~~!」

庭の片隅に月下美人の花が咲いていました。さっそくカメラを持ち出し撮影。

月下美人 (1)

地べたに寝っ転がっての撮影です。

月下美人 (2)

曇り空の下では今一輝きが無いですね。

「あちゃ~! 虫が映り込んでる!」

月下美人 (3)

月下美人 (4)

月下美人 (5)

月下美人 (6)

花びらが重たいせいか下の方に咲いています。

月下美人 (7)

朝一に見つけていたらもう少し元気が良かったかも・・・?

月下美人 (8)

月下美人 (9)

月下美人 (10)

本来ならば明るい日差しの下で撮りたかったですが・・・。

夕方にはもうしぼんでしまうのでしょうね。

観れただけ良しとしましょう。

  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

スポンサーサイト



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/26(水) 15:46:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

星生山 ミヤマキリシマ鑑賞 2016.6.10

そろそろ星生山のミヤマキリシマも見頃を迎えているはず。
 
昨日は仕事で帰りが遅かったので、昼くらいから登って夕日でも観て下山しようかとのんびり構えていたら、夕方からお寺の総会 があるのをすっかり忘れていました。

役員をしているので出席しないわけにもいかず、一旦は今日の登山は諦めましたが・・・。

「んっ!待てよ!、普通に登っていたらとうてい間に合わないけど走って登ればなんとかなるかも・・!」  

ばたばたと準備をして牧ノ戸登山口へ向かうと、駐車場は満車状態、路駐もかなり多くどうしたものかと思っていると、運よく出てい く車が居たので助かりました。

登り始めると星生山方向はガスに包まれています。

星生山 (1)

天気予報によると徐々に晴れ間が広がるはずだが、山の天気はわからないからな~。

星生山 (2)

扇が鼻分岐付近まで来ると青空が広がり始めました。

星生山 (3)

扇ヶ鼻もそろそろ見頃だろうが今日は時間的に無理、今年は諦める事にします。

星生山 (4)

多くの登山者がどんどんと下山しています。

星生山 (5)

しかしながらこの時間から登って行く登山者もたくさんいました。

星生山 (6)

今日は走って登っているので登りだけでも50人くらい追い抜いたかな・・。

以前にトレイルランしていて、ある登山者から 「迷惑だ、山は走るべきではない!」 と言う意見があったので、極力迷惑にならないよ うに走りました。

星生崎から星生山山頂を目指しますがすでに体力はヘトヘトの状態です。

星生山 (7)

ここにきて青空が見えなくなりガスが湧き始めました。

星生山 (8)

「まずい! 山頂に行く頃にはガスに包まれるかも・・・!」

星生山 (9)


気持ちは焦れども体が言う事を聞かない。

星生山 (10)

星生山 (11)

これもトレーニングだと気力を振り絞って先に進みます。

星生山 (12)

星生山 (13)

星生山 (14)

ガスに包まれる久住山。

星生山 (15)

星生山 (16)

星生山の窓から見た扇ヶ鼻方向。

星生山 (17)

星生山 (18)

右方向からどんどんとガスが湧いてきます。

星生山 (19)

左側斜面は何とか見えていますが・・。

星生山 (20)

星生山 (21)

星生山 (22)

星生山 (23)

何とか目的地の群生地に到着しましたがお日様は姿を現しません。

星生山 (24)

星生山 (25)

星生山 (26)

星生山 (27)

せっかくのミヤマも曇り空では色鮮やかさがありません。

星生山 (28)

待てば再び青空が広がるものやら、今日はこのままガスに包まれたままなのか・・?

時間があればもうしばらく様子を見たいところですがその願いは叶わず。

 「まあ、これだけの絶景が観れたので良しとしましょう!」 

時間の許す限り撮影を続けていると、わずかながら陽のさす瞬間もありました。

山頂に居た登山者の方にお願いしての記念撮影。

星生山 (29)

同じような写真が続きますが、選別するのも時間がかかるのでたくさん掲載します。

星生山 (30)

星生山 (31)

星生山 (32)

明日が休みならじっくりと選別できるのですが、早く寝ないと仕事に支障が出るので・・・。

星生山 (33)

星生山 (34)

本来ならばパート1・パート2に分けてUPするところですが、ドバーっとたくさんの写真を掲載します。

星生山 (35)

星生山 (36)

見飽きたら途中で止めても良いですよ~!

星生山 (37)

星生山 (38)

星生山 (39)

時間をかけて掲載していたらミヤマも散ってしまうかも・・・。

星生山 (40)

星生山 (41)

星生山 (42)

星生山 (43)

星生山 (44)

星生山 (45)

時間の許す限り撮影を続け下山する事にしましたが、皮肉なことに西千里浜まで下りてくると再び青空が広がり始めました。

星生山 (46)

星生山 (47)

星生山 (48)

登り返したい気持ちでいっぱいですが・・・。残念!

しかしそのあと再びガスに包まれたので登り返さなくて良かったのかも・・。

星生山 (49)

星生山 (50)

下りは登山口まで走り続け、親指の爪を詰めたのが少々痛いです。

夕方からのお寺の総会にも何とか間に合い、達成感満杯の一日でした。

その代償は大きく、今でも時々足が吊って痛い思いをしています。(笑)

12時00分に出発・2時45分に下山 所要時間2時間45分のハードな一日でした。

  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/11(火) 00:53:45|
  2. 大分県の山
  3. | コメント:2

平治岳・大船山 (坊ガツル 2泊3日 テント泊) パート2  2019.6.3~5

夜中は雷も鳴っていましたが、目を覚ますと青空も出ています。

190605平治・大船 (1)

190605平治・大船 (2)

190605平治・大船 (3)

平治岳・大船山・三俣山の姿も見え、3日目にしてやっと好天気に恵まれたようです。

190605平治・大船 (4)

190605平治・大船 (5)

190605平治・大船 (6)

今日は山仲間・写真仲間であるちっごかわさんが平治岳にやって来るので、連絡を取りながら合流したいと思います。

濡れたものを干して先ずは大船山へと登る事にします。

段原に到着すると避難小屋が建設中でした。

190605平治・大船 (7)

段原にてしばらくガスが晴れるのを待ちますが、シャツ一枚ではじっとしていると寒い寒い!

190605平治・大船 (8)

着るものは干してきたので何も持ってきておらず、走り回ったりしながら陽が射すのを待ちます。

山頂に向かう途中、イワカガミやマイヅルソウを撮影。

190605平治・大船 (9)

190605平治・大船 (10)

山頂はまだガスに包まれていますが確実に回復に向かっているようです。

190605平治・大船 (11)

山頂からガスの切れ間に見えた御池。

190605平治・大船 (12)

北大船山方向の展望ですが中々晴れてくれません。

190605平治・大船 (13)

この辺りのミヤマの状態もは、まだまだこれからって感じなので長居はせず北大船山へと向います。

190605平治・大船 (14)

190605平治・大船 (15)

190605平治・大船 (16)

190605平治・大船 (17)

190605平治・大船 (18)

今頃ちっごかわさんは平治岳の山頂にて絶景を楽しんでいるだろうな~。

190605平治・大船 (19) 

私たちは北大船山にて絶景を楽しむ事にします。

190605平治・大船 (20)

それにしても段原~北大船山~大戸越へと続く登山道は狭く多くの登山者とのすれ違いは大変。

190605平治・大船 (21)

手足には多数のひっかき傷やあざが出来ました。

190605平治・大船 (22)

やっと日差しも出始めミヤマも鮮やか。

190605平治・大船 (23)

移動しながらの写真撮影ですが、見た目には同じよ うな写真が続きます。

190605平治・大船 (24)

190605平治・大船 (25)

北大船山から見た坊ガツルのテント場、マイホームも確認できます。

190605平治・大船 (26)

今回初めて三俣山の姿も見えています。

190605平治・大船 (27)

190605平治・大船 (29)

前方に見える山は平治岳。

190605平治・大船 (30)

ちっごがわさんと電話も繋がり場所を確認すると今は南峰の山頂付近との事。

190605平治・大船 (31)

ズームしたら見えるのでは・・?と思えますが・・。

大戸越にて落ち合う事にして先へ進みます。

合流後は大戸越にしばらく腰を下ろしての雑談会。

話に夢中なり写真を撮るのを忘れていました。
 
最後にもう一度平治岳の姿を撮影して下山する事にします。

190605平治・大船 (32)

190605平治・大船 (33)

もう一度登り直して絶景を観たい気持ちですが来年に期待です。

坊ガツルにてテントを撤収、干していた服なども乾いています。

強い日差しも戻り、今度は暑さとの戦いです。
 
雨により悪戦苦闘の3日間でしたが終わってみれば本当に楽しい3日間でした。

ノリさん・ちっごがわさん、ありがとうございました。

  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/07(金) 18:00:00|
  2. 大分県の山
  3. | コメント:2

平治岳・大船山 (坊ガツル 2泊3日 テント泊) パート1  2019.6.3~5

ノリさんと二人、坊ガツルにてテント泊をしながら平治岳と大船山のミヤマキリシマ鑑賞に行きました。

吉部登山口から出発です。

重たい荷物は平治岳・坊ガツルの分岐にデポして平治岳へと向かいます。

昨年は平治岳・大船山のミヤマキリシマ鑑賞は出来なかったので2年ぶり。

大戸越到着が13時40分頃、この辺りの花はちょっとピークを過ぎようとしているみたいです。

190603平治・大船 (1)

山頂へと向かう斜面から下を見ると多くの登山者が見えます。

190603平治・大船 (2)

東京・関西方面からも多くの登山者が訪れ、平治岳のミヤマ人気が伺えます。

190603平治・大船 (3)

190603平治・大船 (4)

190603平治・大船 (5)

ガスっていて青空の下で観れないのがちょっと残念ですが・・・。

190603平治・大船 (6)

190603平治・大船 (7)

190603平治・大船 (8)

山頂付近は今がピークといった感じです。

害虫被害も殆ど無いようです。

190603平治・大船 (9)

190603平治・大船 (10)

190603平治・大船 (11)

天気が良ければ三俣山をバックに撮るのが定番ですが、今日は姿を現してくれません。

190603平治・大船 (12)

190603平治・大船 (13)

190603平治・大船 (14)

190603平治・大船 (15)

190603平治・大船 (16)

190603平治・大船 (17)

本峰山頂にてノリさんと二人で記念撮影。

190603平治・大船 (18)

190603平治・大船 (19)

190603平治・大船 (20)

岩の上でも記念撮影。

190603平治・大船 (21)

デポしていた荷物を回収し坊ガツルのテント場に到着。

190603平治・大船 (22)

到着が遅い時間だったので良い場所は他の登山者に占領されていましたが、何とかマイホームも設営完了。

190603平治・大船 (23)

18時に夕食を済ませ、本来ならば暗くなったら星の撮影の予定でしたが天候は回復してくれません。

190603平治・大船 (24)

二日目の朝を迎えました。

天候が回復すれば大船山に朝駆けの予定でしたが天候は回復してくれず断念。

悪いことに天候は回復どころか昼ごろにはには雨が降り出しそう。

降り出す前に星生山へと行ってみる事にします。

190604平治・大船 (1)

法華院にて記念撮影。

190604平治・大船 (2)

北千里浜へと向かう途中で早くも雨が降り出しましたが、とりあえず星生山までは行ってみる事にします。

190604平治・大船 (3)

誰が造ったのか石を並べた令和文字を発見。

190604平治・大船 (4)

190604平治・大船 (5)

今にも落ちてきそうな岩ですね。

190604平治・大船 (6)

下を通過するときは足早に・・。

7時40分、久住分れにて記念撮影。

190604平治・大船 (7)

東京からの団体さんがやって来ましたが、遠路はるばるやって来てこの雨とは・・・可哀そう!

久住避難小屋までやって来ましたが星生山はガスの中。

ミヤマの状態を確認したかったのですが何も見えず、そんなわけで登頂は断念。

マイホームへと戻る事にしますがやれやれって感じです。

190604平治・大船 (9)

防水性能の無くなったレインウエアーのためズボンもシャツもグチョグチョ状態。

明日は何を着て登ればいいの・・・?

そろそろ買い換えないとな~。 

更にテントに入ってみてビックリ!

どうやらテントの設営場所を誤ったようです。 

横になると床はウォーターベッド状態。

190604平治・大船 (11)

浸水はしていませんが参りました。

10時位にテントまで戻り明日の朝までテントの中で時間をつぶします。

降り続く雨の中、傘も無く服はびしょ濡れで身動きが取れません。

暇つぶしにスマホで遊ぶもバッテリーが底をつき何もする事無し。 

あ~ 退屈だ~!

パート2に続く。

  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/07(金) 04:52:48|
  2. 大分県の山
  3. | コメント:2

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (192)
佐賀県の山 (13)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (468)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (2)
東北の山 (5)
北アルプス (4)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (2)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (2)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (961)

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示