エンジョイ登山

散歩の途中で見かけた花  2017.8.15

家の近所をぶらぶらと散歩していて見かけた花です。

正面から撮影できなかったのが残念ですが・・・。

何の花だかわかりますか?

カラスウリの花

これはカラスウリの花です。

日中はあまり見かけないと思いますが、この花は開花が始まるのは夜で、翌朝にはしおれてしまう一日花なのです。

暑い日中の散歩は避けて、夕暮れ時から出かけたからこそ見れた花です。

  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

スポンサーサイト

テーマ:セントポーリアが好き♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/15(火) 23:09:08|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

御前岳 オオキツネノカミソリ鑑賞 2017.8.10

8月5日の夕方、英彦山に登りレポートを作成中、ノリさんからラインが入ってきました。

「御前岳のオオキツネノカミソリが見頃らしいけど行った事はありますか?」 と・・・。

釈迦岳の隣にある御前岳には登ったことはありますが、オオキツネノカミソリの群生地があることは知りもせず、別の場所だろうと 思い、 「御前岳ってどこにあるの?」 と返事を返してしまいました。

すぐさまノリさんから電話があり、以前登った御前岳に群生地があることを知りすぐさま計画。

ならば9日に登ろうと計画するもあいにくの天気。 

更に一緒に登る予定のノリさんも急遽都合が悪くなったらしくとりあえず中止。

そして一夜明けた今朝、目が覚めるとぐずついた天気ながら雨は降っていないようなので、一人で行ってみる事にしました。

御前岳 (1)

田代登山口に到着するとポッポッと雨が落ち始めましたが、折り畳みの傘とレインウェアをザックに押し込んで8時に出発です。

御前岳 (2)

しばらくはコンクリート道路を登って行きますが、いきなりの登りで心臓のウォーミングアップが出来ていません。

沓掛山への登りと一緒です。

少し雨足が強くなってきましたが噴き出す汗が半端なく、レインウェアを着ても同じ事、かえって蒸れてしまいそうでそのまま進みます。

スタートから10分ほどで早くもオオキツネの姿を確認。

御前岳 (3)

撮影しようと思うのですが森の中はガスっていて薄暗い状態。

御前岳 (4)

光量不足と小雨により撮影は悪戦苦闘の状態です。

御前岳 (5)

御前岳 (6)

御前岳 (7)

御前岳 (8)

御前岳 (9)

更に悲惨な出来事が・・・。

いつの間にか登山道からそれてしまい、、すぐに気づいたものの 「まぁいいか・・! このまま登ってもそのうち上の稜線に出るだろ う!」 と安易な考えが悲惨な結果を招くことになりました。

何とか稜線には出たもののそこまでの道は過酷な物でした。

途中までは沢伝いに登り何とかなりましたが、その先はスズタケの群生地でうんざり。

真っすぐに生えたスズタケならまだしも、斜めに生えたスズタケは突破するのに一苦労でした。

御前岳 (10)

ヘロヘロになりながらも山頂に到着。 

一息ついたところで恒例の記念撮影。

御前岳 (11)

今回もボルトポーズです。

本来ならば釈迦岳にも行く予定で地図を持参しましたが、ズボンのポケットの中でグチャグチャになり全く見れない状態です。

御前岳 (12)

体力もかなり消耗しましたのでおとなしく下山する事にしました。

帰りは正規のルートで下りますが登山道ははっきりしていて苦労することなく下れます。

御前岳 (13)

下山途中2度びっくりするハプニングがありました。

一度目は近くでうなり声のようなものが聞こえたと思ったら、いきなりドドドッ!と駆け出した動物が・・。

たぶんイノシシだったのでしょう?。 

2度目は足元からいきなり飛び出した大型の鳥、こちらはキジだったろうと思いますが、雨の日のメガネはうっとうしくて外しています。

どちらも正確には何だったかわかりませんが心臓が飛び出しそうでした。

御前岳 (14)

御前岳 (15)

再びキツネさんの群生地までやって来ましたが、すごい群生です。

御前岳 (16)

御前岳 (17)

御前岳 (18)

御前岳 (19)

登りではミスコースしたために全体の半分しか見ていなかったようです。

御前岳 (20)

御前岳 (21)

御前岳 (22)

ガスも徐々に薄くなってきたようです。

御前岳 (23)

御前岳 (24)

雨もどうやら止んだようです。

御前岳 (25)

御前岳 (26)

適当に何枚か撮影して下山します。

御前岳 (27)

御前岳 (28)

御前岳 (29)

靴の中まで雨でぐっしょり、ふやけた足の親指にどうやらマメが出来たようで下り坂では少し痛いです。

御前岳 (30)

御前岳 (31)

11時40分に下山。

御前岳 (32)

御前岳 (33)

下山した頃には雨も上がり、お日様が見え隠れしています。

「こんなことなら午後から来ればよかったかな・・?」

少し盛りを過ぎた感じはありましたが見れて良かったです。

  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/10(木) 18:18:49|
  2. 福岡県の山
  3. | コメント:4

英彦山 (パート2)  2017.8.5

鹿の角の岩峰よりの展望です。

英彦山 (27)

山頂方向にはガスがかかっていますが、時折見える青空がうれしいですね。

英彦山 (28)

山頂に着く頃には青空が広がってくれると良いのですが・・・。

英彦山 (29)

南岳直下より望むお社はガスにより見えたり隠れたりしています。

英彦山 (32)

英彦山 (33)

ふと後ろを振り返ると、先ほどまで居たノリさんの姿がありません。

しばらく待ちましたが来ないので探しに戻りますがやはり見当たりません。

「どこに行ったのでしょうか‥?」

仕方なく中岳の広場にて待つことにします。

英彦山 (34)

しばらくするとやってきましたが南岳に直登してきたとの事。

私は南岳はパスしました。

世界陸上も始まり、話題の中心はやはりボルト。

ならばと今回もボルトのポーズにて記念撮影。

英彦山 (35)

しばらく休憩の後、下山はモアイ像経由で帰ることにします。

英彦山 (36)

英彦山 (37)

英彦山 (38)

モアイまで下ってきました。

英彦山 (39)

モアイ像に登ろうとアタックするノリさん。

英彦山 (40)

しかしながら安全第一、途中で断念して正解でしょう。(笑)

最後に本日見かけたイワタバコの花です。

全くピントが合っていませんが・・・。(涙)

英彦山 (10)

英彦山 (11)

英彦山 (12)

英彦山 (13)

英彦山 (14)

私にとっては家から100m程の岩場にたくさん咲いていますので珍しくはありませんが・・・。

名前はわかりませんが青い小さな花。

英彦山 (30)

英彦山 (31)

12時30分頃に別所駐車場到着。 そこでバッタリと RYOさん sanpoさん に遭遇。

楽しいおしゃべりも出来て、久々にエンジョイ出来た一日でした。

   クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/06(日) 23:59:50|
  2. 福岡県の山
  3. | コメント:2

英彦山 (パート1)  2017.8.5

6月17日に星生山・久住山・稲星山・鳴子山・白口岳・天狗ヶ城への周回登山以来、49日ぶりの登山です。

英彦山へは3月28日に登ったのが最後でした。

久しぶりにノリさんと登りますが、久々の登山とあって思うように体が動くかが心配です。

スタート時刻は確認しませんでしたが、別所駐車場を7時頃スタート。

参道の鳥居には8月11日に開催される 【英彦山参道駆け上がり大会】 の横断幕が飾られています。

英彦山 (1)

銅の鳥居から奉幣殿までの約800m・高低差160mのコースで開催。

私も参加しようかと思いましたが残念ながらすでに締切日(7月11日)が過ぎていました。 

出場していたら優勝間違いなしでしょうが、実に残念です。(笑)

英彦山 (2)

奉幣殿の鳥居には丸いしめ縄が飾られています。

英彦山 (3)

「以前からあったっけ・・・?」

近寄ってみると鳥居をくぐる時のくぐり方にも作法があるようです。

英彦山 (4)

説明に従って一礼の後、左回り・右回り・左回りと8の字を書くように回って先に進みます。

コースとしては籠水峠から鹿の角を経由して山頂を目指します。

皆さんのブログなどで、今回の豪雨による崩壊地等の把握はしていたつもりでしたが、実際に見ると思っていたよりもずっとひど い状態です。

英彦山 (5)

英彦山 (6)

英彦山 (7)

英彦山 (8)

英彦山 (9)

籠水峠へと向かう登山道をうっかりと通り過ぎてしまい、先の猫の丸尾方面へと行ってしまいました。

このミスコースが功を奏して思わぬ絶景?ポイントに到着。

苔むした岩峰にてしばし休憩。

英彦山 (15)

英彦山 (16)

英彦山 (17)

台風接近に伴い結構風が強く吹いていますが、この風が実に気持ち良かったです。

英彦山 (18)

英彦山 (19)

英彦山 (20)

英彦山 (21)

英彦山 (22)

籠水峠に到着。

英彦山 (23)

その後は正規のルートに戻り、鹿の角へと向かいます。

マリモみたいに可愛い苔。

英彦山 (25)

英彦山 (26)

続き(パート2)を見る。  

   クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/05(土) 18:41:13|
  2. 福岡県の山
  3. | コメント:4

九大の森  2017.8.4

九州北部豪雨から明日で1ヶ月。

壊滅的な被害を受けた地元の大鶴地区も、多くのボランティアの方々などのご協力により着実に復興へと向かっています。

多くの方々より、お見舞いの電話・コメントなどをいただきありがとうございます。

災害から1ヶ月間は山行きも自粛していましたがブログの方もスポンサー広告が入りそうなので、そろそろ活動を始めようと思います。

今日は登山ではありませんが所要があって福岡まで行く事になり、以前から行ってみたいと思っていた九大の森に立ち寄ってきました。

北口駐車場から時計回りに蒲田池を一周します。

九大の森 (1)

残念なことに池の水は御覧のように干上がっています。

九大の森 (2)

ちょっとガッカリ!

九大の森 (3)

九大の森 (4)

九大の森 (5)

池のほとりで見かけたカワセミです。

カワセミが居ると知っていれば望遠レンズを持って来たのですが・・・。

九大の森 (6)

九大の森 (7)

九大の森 (8)

九大の森 (9)

九大の森 (10)

ぐるりと池を一周してきましたが汗だくです。

森の中は日陰も多く、時折吹き抜ける風が気持ちよく感じましたが、南口から北口までの車道歩きは暑くてたまりませんでした。

今度来る時は水のある涼しい時期に来たいと思います。

  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/04(金) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (144)
佐賀県の山 (10)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (390)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (1)
東北の山 (5)
北アルプス (1)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (1)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (1)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (771)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示