fc2ブログ

エンジョイ登山

沖縄旅行 (その1)

沖縄旅行 (その1) 首里城・残波岬

2月26日~28日に80歳になる母を連れての2泊3日の沖縄旅行に行きました。

私自身、沖縄に行くのは初めてで、母を連れてと言うより、連れて行ってもらったと言った方が良いのかも?

母は身体障害者の認定を受けていますので、旅費や各施設などの割引が受けられますので、その付添い人としての私も恩恵を受ける事が出来、格安での旅行が楽しめました。

出発前の沖縄の天候は雨の予報で、少し心配なスタートとなりました。

福岡空港を8時5分のANA481で出発して、那覇空港に9時50分に到着です。

出発 (1)

機内からは雲海に映るブロッケン現象が見れました。

出発 (2)

予約していたフジレンタカーにてまずは首里城へと向いました。

3日間はトヨタbBでのドライブです。  

レンタル料は3日間で11000円(満タン返し不要)でした。

出発 (3)

首里城

首里城 あいにく小雨が降り続く中を見学順路に従って進んでいきます。

首里城 (1)

雨足は大した事無いのですが風が強く、写真撮影はレンズが濡れて大変です。

首里城 (2) 

約500年にわたって琉球王国の城としてあり続けた首里城の正殿です。

首里城 (3) 



首里城 (4) 

首里城 (5) 

奉神門~南殿~正殿~北殿へと進み淑順門に出ました。

首里城 (6) 



首里城 (7) 

首里城を見学の後、読谷村にある残波岬へとむかいます。

途中の御菓子御殿にて昼食です。

御菓子御殿 (1) 

ソーキソバとジューシーです。 

御菓子御殿 (2) 

残波岬

岬のいこいの広場には大きなシーサーがありました。

残波岬 (1) 

残波岬 (2) 

残波岬 (3) 

地上高28m水面上44mある灯台です。

入場料200円を払って最上部まで駆け上がりました。  かなり疲れます。

残波岬 (4) 

風が強く波が打ち寄せています。

残波岬 (5) 

30mの断崖絶壁が2kmも続く雄大な景観です。

残波岬 (6) 

天候が良ければもっと海の青が綺麗なのでしょうが・・。

残波岬 (7)

残波岬 (8) 

残波岬 (9) 

雄大な景色を楽しんだ後は万座毛へと向います。

続きを読む 【万座毛・チサンリゾート沖縄美ら海】     クリック


   クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

スポンサーサイト



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/29(水) 14:09:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

天狗ヶ城・中岳・御池・星生山  2012/2/20

白銀の九重連山へ朝駆け! (その4)  沓掛山~登山口

天狗ヶ城山頂で約1時間30分程の時間を過ごしました。

今回の九重連山への登山レポートも最後となりました。 

今回は扇ヶ鼻分岐から登山口までのレポートです。

樹氷は高い所よりもこの辺りのほうが多くみられました。 

樹氷と言っても氷ではなく雪が被っているだけですが・・。

沓掛山 (1) 

沓掛山 (2) 

沓掛山 (3)

好天のため樹氷もどんどんと溶け始めています。 

幸いな事に登山道はまだ溶けておらず、ぬかるみに悩まされずに済みそうです。

沓掛山 (4) 

沓掛山 (5) 

沓掛山 (6) 

前方に沓掛山です。 

沓掛山 (7)

最後の登りが待っています。 

沓掛山の山頂標識です。 10時15分でした。

沓掛山 (8) 

三俣山方向の展望です。

沓掛山 (9)

最後にもう一度、沓掛山から見た阿蘇五岳の展望です。 

沓掛山 (10) 

牧ノ戸登山口の駐車場と奥には涌蓋山が見えます。

沓掛山 (11)

沓掛山からの下りでプロのカメラマンの方に出会い、少しだけ撮影のアドバイスを頂きました。

だからと言ってすぐには上手くなれるものではありませんが・・。

その後すぐに、今度は以前難所ヶ滝に行った時に出会ったご夫婦の方に声を掛けられました。

私の事を覚えていてくださって、ブログも見てくださっているとの事。 

嬉しく思います。

展望台付近の登山道の様子ですが、雪は殆んど溶けてはいませんでした。

沓掛山 (12) 

沓掛山 (13) 

沓掛山 (14)

登山口に戻ってきたのが11時20分でした。 

登山開始から7時間20分の山歩きでした。

沓掛山 (15)

天候にも恵まれ、最高のリベンジ登山が出来たことを嬉しく思います。   


  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/23(木) 20:00:00|
  2. 大分県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

天狗ヶ城・中岳・御池・星生山  2012/2/20

白銀の九重連山へ朝駆け! (その3)  星生山

天狗ヶ城で御来光を見た後、中岳・御池と周り、これから星生山へと向います。

硫黄山の噴煙と三俣山です。 

星生山 (1) 

これから登る星生山です。 

星生山 (2) 

進行方向の右手に見える三俣山。

星生山 (3)

ここからも阿蘇五岳が良く見えます。 

星生山 (5) 

久住避難小屋と久住山です。  星生崎より撮影しました。

星生山 (6) 

星生山山頂へと続く岩場です。 

星生山 (7)

アイゼンは着けてはいるものの滑らないように注意が必要な場所です。

三俣山とその右に平治岳。 

星生山 (8) 

トンネル岩から阿蘇五岳を撮影しました。 

星生山 (9) 

西千里浜の登山道ですが今のところはまだぬかるんではいないようです。

星生山 (10) 

星生崎方向の南斜面を振り返っています。  

星生山 (11)

またまた硫黄山の噴煙と三俣山です。

星生山 (12)

星生山山頂到着が9時25分でした。 

まずは記念撮影です。

星生山 (13)

前回は西千里浜へと下山しましたので今回は扇ヶ鼻分岐方面への下山ルートを進みます。

これから進む下山ルートを撮影しました。 

星生山 (14)  

下2枚の写真は下り斜面より久住山を撮影しました。  

星生山 (15) 

星生山 (16)

続きは明日UPの予定です。  

明日は扇ヶ鼻分岐~登山口までをレポートします。  

続きを読む 【沓掛山~登山口】      クリック


  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/22(水) 18:15:00|
  2. 大分県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

天狗ヶ城・中岳・御池・星生山  2012/2/20

白銀の九重連山へ朝駆け! (その2)  中岳 ・ 御池

天狗ヶ城山頂で約1時間30分程の時間を過ごしました。  

念願の御来光も見る事が出来て良かったです。

次に中岳へと向います。 

下の写真は鞍部まで下りて中岳を撮影しました。

中岳 (1)   

7時40分に中岳山頂に到着しました。

先ずは山頂からの展望を楽しみます。 

阿蘇五岳がすごく綺麗でした。 

中岳 (2) 

下の写真は坊ガツルと平治岳、さらにその向こうには由布岳も見えています。

中岳 (3) 
 
何度と無く見慣れた風景ではありますが、来るたびに違った表情を見せてくれます。

中岳 (4) 

中岳 (5) 

中岳 (6)

平治岳と奥の由布岳を少しズームして写してみました。  

中岳 (7) 

中岳 (8)

阿蘇五岳のズームです。

中岳 (9)

中岳山頂には約10~15分程しか居ませんでした。

今日のように天気が良いと、帰り道はぬかるみの中を歩かなくてはならないでしょう。

雪が溶け出す前に帰路に付きたいと思います。

首からはバッテリー切れのため使い物にならない一眼をぶら下げての記念撮影です。

中岳 (10)

記念撮影をして早々に御池へと向います。
 
御池の氷は気のせいか前回よりも薄くなっているように感じました。

中央部でも割れて落ち込むことは無いでしょうが、今回は脇の方を歩きました。
 
下の写真は池の小屋方向から見た御池です。 

御池 (1)

左上に久住山も見えています。

下2枚の写真は天狗ヶ城を写したものです。

御池 (2) 

御池 (3)

後になって気付いたのですが、今回は御池での撮影はわずかしかしていなかったみたいです。

天狗ヶ城方向の写真ばかりで他方向の写真は撮り忘れていました。

御池 (4) 

御池 (5) 

御池 (6)

この後は久住山に登ろうかとも思いましたが、先程述べたように帰路の雪解けがいやなので、今回はパスすることにしました。

一旦久住分かれまで戻ってみることにします。

8時45分頃に久住分かれまで戻ってきましたが、このまま帰るのも物足りなくて星生山経由で下山する事にしました。

続きは明日UPの予定です。  

明日は星生山をレポートします。  

続きを読む 【星生山】     クリック



  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/21(火) 17:50:41|
  2. 大分県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

天狗ヶ城・中岳・御池・星生山  2012/2/20

白銀の九重連山へ朝駆け! (その1)  天狗ヶ城

今季5度目の中岳・天狗ヶ城への冬山登山です。

前回は1月26日に朝駆けしましたが、御来光は拝めず。

前回のリベンジを試みました。

17・18日にかけて訪れた大型寒波が今季最後の冬山登山となるかも知れません。

マップ

登山口である牧ノ戸に3時40分頃に到着しました。

タイヤチェーン規制は出ていましたが、今回もノーチェ ーンで到着です。

すでに何人かの人が準備をしています。

登山口の気温は-10℃ですが、風邪は殆んど無く、数字程の寒さは感じませんでした。

4時丁度にスタートしました。

アイゼンを装着して出発です。

沓掛山手前で先行の登山者に追いつき、その後は久 住避難小屋まで一緒に登りました。

避難小屋には2人の人が休んでいました。 

すでに山頂へ向った人や後から来た人を含めて7~8名の人が登ってきています。

中岳を目指す人、天狗ヶ城へと向う人は居ますが、久住山へと向う人は居ないようです。

私は今回も天狗ヶ城へと向かう事にします。

今日の登山において一つ心配な事があります。 

カメラのバッテリーを昨晩充電したのですが、予備のバッテリーを含めて、フル充電し ても目盛りが一つしか上がりません。

撮影の途中での電池切れは間違い無さそうです。

1年1ヶ月の寿命は余りにも早すぎます。 

寒冷地での過酷な使用を続けたからでしょう。

予備のカメラのコンパクトデジカメを持参しましたが、はたしてどれだけ撮れるでしょうか?

空には満天の星が輝いています。 

中岳のシルエットを入れて星の撮影もしたかったのですが、電池を温存する事にします。

6時5分頃に天狗ヶ城の山頂に到着しました。 

すでに東の空は明るくなりつつあります。

日の出の予定は6時53分の予定ですのでしばらく待つ事にしますが、風は穏やかで寒さも思ったほど気になりませんでした。

6時10分撮影

天狗ヶ城 (1)

6時24分撮影

天狗ヶ城 (2)

6時33分撮影

天狗ヶ城 (3)

三日月が出ていて印象的です。

6時36分撮影 中岳

天狗ヶ城 (4)

6時46分撮影

天狗ヶ城 (5)

6時47分撮影

天狗ヶ城 (6)

6時47分撮影

天狗ヶ城 (7)

6時48分撮影 由布岳
 
天狗ヶ城 (8)

6時53分撮影 中岳

天狗ヶ城 (9)

日の出を待ちわびる人達。

天狗ヶ城 (10)

日の出までの合間に記念撮影をしました。

天狗ヶ城 (11)

遠くに由布岳がくっきりと見えています。

天狗ヶ城 (13)

もう少しで出てきそうです。

天狗ヶ城 (14)

大船山・平治岳と奥に由布岳。

天狗ヶ城 (15)

由布岳を少しアップで撮ってみました。

天狗ヶ城 (16)

7時14分に待望のお日様が顔を出しました。

天狗ヶ城 (12) 

天狗ヶ城 (17)

ダイヤモンド中岳?

天狗ヶ城 (18)

天狗ヶ城山頂から見た御池

天狗ヶ城 (19) 

天狗ヶ城 (20)

久住山

天狗ヶ城 (21)

中岳方面に高度を下げて、再び日の出を撮影 

天狗ヶ城 (22) 

三俣山
 
天狗ヶ城 (23)

雲一つ無い好天気で面白味の無い日の出でしたが、空気も済んで素晴らしく綺麗な日の出でした。
 
リベンジ成功と言って良いでしょう。

せっかく持ってきた一眼カメラは10枚撮影したところで電池切れのために、殆んどがコンパクトデジカメでの撮影となりました。

ホッカイロで温めたりもしましたが、その後復活することはありませんでした。

続きは明日UPの予定です。

続きを読む 【中岳・御池】    クリック


  クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/02/20(月) 22:35:58|
  2. 大分県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:32
次のページ

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (190)
佐賀県の山 (13)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (465)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (2)
東北の山 (5)
北アルプス (4)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (2)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (2)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (950)

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示