fc2ブログ

エンジョイ登山

酒呑童子山 1442.0m・小鈴山 1180.5m  2009/9/13

登山口~小鈴山~小鈴越~酒呑童子山~小鈴越~エスケープルート~登山口
金曜日の夕方から3ヶ月ぶりにナイターでの魚釣りに行き、土曜日の昼前に帰宅。 

その頃から雨が降り出し、今日の登山は全く考えていなかった。 

朝起きてみるとガスはかかってはいるものの、天候は晴れ。 

ガスも10時位には無くなり、急遽、家内と酒呑童子山に登ることにした。 

こんなに良い天気になるのなら、もっと早くから計画を立てておけばよかったと後悔しながらの出発。 

当初はフィッシングパークの方から登山口に行く予定だったが、たまには鯛生金山経由で行って見ようと思い急遽変更したのが失敗だった。 

登山口が分からず1時間ほど余分にドライブする羽目になった。

マップ1s 

登山口に到着したのが12時45分頃。 

車内で昼食を済ませてから、登山開始が1時丁度。

2009.9.13酒呑童子山 (1)s 

登山口からいきなりの登りが始まり、食べたばかりで血液は胃に集中していて、足には流れてこないみたいで結構きつい。

2009.9.13酒呑童子山 (5)s 

登山道は良く整備されていて、南斜面の丸木段を15分位上ると小鈴山に到着。

あたりはスズタケが生い茂っていて山頂からの展望は無い。

記念撮影をして東斜面を登山口とほぼ同じ高度まで下る。 

この辺りはシャクナゲの群生地である。

今日始めての鎖場であるが危険は殆んど無さそうである。

2009.9.13酒呑童子山 (8)s 

1時35分、小鈴越に到着。

帰りはここからエスケープルートでスーパー林道方向に下山する。

2009.9.13酒呑童子山 (11)s 

小鈴越に祭られていたお地蔵様

2009.9.13酒呑童子山 (12)s 

小鈴越から少し進んだ所からの展望です。遠くに根子岳が見えます。

2009.9.13酒呑童子山 (13)s 

しばらくは、なだらかな道を快適にピクニック気分で進むと、木立の間から、目指す酒呑童子山が見えてくる。

2009.9.13酒呑童子山 (14)s 

ミズナラや松、モミなどの樹林帯を過ぎると山頂直下に、長い鎖のついた急斜面が見えてくる。

今回の登山で一番の難所?であるが、しっかりと注意して進めば小学生でも大丈夫そうである。

2009.9.13酒呑童子山 (15)s 

登り始めて1時間程で山頂に到着。 

天候も良く山頂からの景色はすばらしい。

2009.9.13酒呑童子山 (17)s

2009.9.13酒呑童子山 (18)s

2009.9.13酒呑童子山 (19)s 

山頂では1人の青年が昼寝中で、私たちの声で目をさましたみたいです。

2009.9.13酒呑童子山 (24)s 

山頂にて恒例の記念撮影。 逆光なので暗くなっちゃいました。

2009.9.13酒呑童子山 (27)s 

十分に景色を堪能しながら約30~40分程の時間をすごしました。

下山は小鈴越の分岐点までは来た道を戻り、エスケープルートでスーパー林道まで下り、後は舗装された林道を駐車場(登山口)まで約10分程で到着。

2009.9.13酒呑童子山 (29)s 

駐車場の100m程手前の左側に、ハナグロ山の登山口が有ったが、機会があったら登って見ようと思う。

駐車場には北九州から来た夫婦連れが、酒呑童子山に登る準備をしているところでした。

今日の登山では家内の足もなんとか大丈夫だったみたいで、次の登山までにしっかりと治してもらいたい。


   クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ
    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/13(日) 16:07:28|
  2. 大分県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韓国岳縦走 2009/9/6

韓国岳 1700m ・ 獅子戸岳 1428m ・ 新燃岳1421m ・ 中岳1345m
 
えびの高原~韓国岳~獅子戸岳~新燃岳~中岳~高千穂河原

土曜日の午後8時45分に自宅を出て、約3時間かけて、えびの高原の登山口に到着。

家で寝て夜中の3時頃の出発も考えましが、長時間の運転の後すぐに山に登るのもいやなので今晩は車中泊することにした。

明日の天候は台風が接近しているが、雨の確立は0~10%と低く大丈夫そうである。

夜空には満月?と星空が輝いている。

0時に車中で横になるが、だんだんと風が強まり車を揺らす。 

おまけに朝方はかなり冷え込みなかなか寝付けない。

午前5時起床。 と言っても実際には3時間位しか眠れなかった。

マップs 

多少、風は強いものの昨夜ほどではなく、問題無さそうである。 

ウインドブレーカーを着込んでの出発。

2009.9.6韓国岳縦走 (2)s 

5時50分 登山口から硫黄山を目指して出発。 

数年前までは噴煙を噴き上げていた硫黄山も今はひっそりと静まりかえっている。

2009.9.6韓国岳縦走 (7)s 

道標の霧島縦走線に従って進む。

2009.9.6韓国岳縦走 (8)s 

急なガレ場も五合目を過ぎると、比較的ゆるやかな登りとなり、展望もだんだんと開けてきます。六合目の手前あたりから右手に大浪池の外輪が見えてきます。

風が強くて吹き飛ばされそうになる事も何度かありましたが、徐々にではありますが確実に弱まってきています。
 
立ち止まると肌寒く感じますが、ウインドブレーカーをリュックにしまって山頂を目指します。

2009.9.6韓国岳縦走 (19)s 

七・八合目ともなると左手に、かつては噴火口であったであろう窪みが、見る者の度肝を冷やす。

2009.9.6韓国岳縦走 (23)s 

ミヤマキリシマの群生も見られ、6月には見事な花を見ることが出来るでしょう。

九重連山のツツジよりも咲く時期が遅いとのことです。 

6月になってから?

さて、山頂までは後わずか。 

辺りには多くの登山客が居ます。 

縦走する人はわずかです。
 
山頂到着が7時20分。 

登山開始から1時間30分で到着。 

写真撮影等で時間をとったわりには予定通り。

2009.9.6韓国岳縦走 (24)s

2009.9.6韓国岳縦走 (25)s 

眼下に見下ろす景色は「すばらしい」の一言につきます。

遠くのほうの展望は今一ながら、曇のおりなす風景は、見飽きることがありません。

三脚を立てての記念撮影では、強風のため三脚を立てることが難しく、近くの人にお願いしました。

2009.9.6韓国岳縦走 (28)s 

韓国岳とは、遠く韓国までも見渡せるというので、この名が付いたと言われています。

2009.9.6韓国岳縦走 (27)s 

大浪池の湖面は空の色と同じコバルトブルー。 

眼下の雲海は見るごとに形を変えて、なかなか先に足が進みません。

2009.9.6韓国岳縦走 (31)s 

7時45分頃山頂を後に次の目的地である獅子戸岳を目指す。

2009.9.6韓国岳縦走 (33)s 

獅子戸岳とは、獅子が丸くうずくまっているような形をしていることから名付けられた山とのことです。

山頂で約25分程時間を費やしてしまった。 

ずいぶんとゆっくりしてしまった。

2009.9.6韓国岳縦走 (36)s 

次の獅子戸岳までは約90分の予定である。 

韓国岳からの下りは非常に急な上に、ガレ場となっていて歩きにくい。 

転ばないように十分注意しながら進む。 

下り始めると右下の写真の様な丸太を組んだ歩道で、さすがは国定公園だと感心します。

ガレ場を慎重に下ると次は、滑り台みたいに良く滑る下りとなります。

2009.9.6韓国岳縦走 (37)s 

滑り出したら全く止まらない感じです。 

滑り台を過ぎて鞍部に来ると、樹林帯に入ります。

2009.9.6韓国岳縦走 (38)s 

鞍部から山頂までは約20分の道のりです。

2009.9.6韓国岳縦走 (44)s 

獅子戸岳山頂からの展望は望めませんが、進路右方向に進むと次の目的地である新燃岳方面が見渡せますが、少しガスがかかっているようです。 

このあたり一帯はミヤマキリシマが群生しています。

2009.9.6韓国岳縦走 (47)s 

山頂では数人の人が休んでいたので、三脚を立てるわずらわしさから、撮影をお願いしました。

獅子戸岳を後に、新燃岳を目指し下山の途中、ミスコースにより約1時間をロスしてしまいました。

途中で出会った人と長話をしたりして。 

知らない人と話が弾み、これもまた山の魅力のひとつでしょう。

新湯分岐から約20分で新燃岳の外輪部に到着。 

ここからの眺めは一級です。

2009.9.6韓国岳縦走 (50)s 

浪池のブルーに比べエメラルドグリーン色です。 韓国岳(奥)と獅子戸岳を望む。

今は良く晴れてます。

下の写真は奥に韓国岳、手前に獅子戸岳の展望です。

2009.9.6韓国岳縦走 (52)s 

いつまでも眺めていたいのですがそうもいかず、火口湖の外輪部を回って新燃岳の山頂へ移動。

2009.9.6韓国岳縦走 (61)s 

記念撮影の後、中岳に向かうことにする。 

中岳へは新燃岳から廊下みたいに綺麗な登山道を下って中岳分岐に下りて、湯之野コースを右手に見ながら直進する。

2009.9.6韓国岳縦走 (65)s 

上り始めるとすぐに中岳の山頂が右手に見えるが、山頂は見るだけで、誰も行く人はいないみたいだった。

2009.9.6韓国岳縦走 (64)s 

山頂標識の前で記念撮影。 

後の小さな山(突起みたいな)が実際の山頂。

2009.9.6韓国岳縦走 (66)s 

ここから先は鹿児島からの登山者の人と仲良くなり最後の駐車場まで同行する事となった。 

60歳位の方だったが非常に元気が良く、今回の登山が大変気に入って、ここをホームグランドとして何度も登りたいと言っていました。

10月には屋久島(宮之浦岳)に登るそうで、うらやましい。

下の写真は高千穂峰です。 

やっと姿を見ることができた。

2009.9.6韓国岳縦走 (70)s 

ここからはゴール地点の高千穂河原を目指すが、下りはかなりな急傾斜である。 

膝にかかる負担はかなり大きい。 

しかしながら整備も行き届いていて歩きやすい。

高千穂河原ではコースが3つに分かれていて、つつじコースを選択。(他、もみじコース・自然歩道コース)

下の写真はゴール地点にある霧島神社の鳥居。

2009.9.6韓国岳縦走 (73)s 

水場にて、手・顔を洗ってバス停に行ったが、午後からの便は1本も無く、途中から同行した人とタクシーに相乗りしてえびの登山口に向かう。

2009.9.6韓国岳縦走 (76)s 

同行の人とも又の再会を願って分かれる。 

縦走コースとして高千穂河原からの登山は今回より1時間以上の時間を要する。

下山が12時55分で、高千穂峰へも登ろうかと迷いましたが(往復4時間程)、山頂はガスで覆われていることが多く今回は諦めることにしました。

上の写真は昨夜車中泊した有料駐車場です。 

来たときは深夜で係員は誰も居ませんでしたが、車に貼紙が有り、しっかり駐車料金を取られました。

帰りも高速で約3時間。 5時前に日田まで帰ってきました。

ビデオ撮影において、風が強くて音声が聞き取れなかったのが残念でした。

今日は最高の一日でした。 いつかもう一度登りたい山です。


   クリック お願いします。 ブログ更新の原動力となります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  クリック お願いします。 ガンバローと元気が出ます。

人気ブログランキングへ
    クリック  お願いいします。 ますます元気が出ます。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/06(日) 14:07:01|
  2. 宮崎県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

tsurikichi

Author:tsurikichi
1955年10月生まれ 男
大分県日田市在住
趣味 登山・魚釣り(海)


体調を崩し、リハビリのつもりで始めたウォーキングが、今ではドップリと山登りにはまってしまいました。


当ブログはリンクフリーですがご連絡ください。

皆さんのご意見をお待ちしています。

リンク用バナー

88×31

150×60

カテゴリ

登山実績 (0)
九州100名山 (1)
九州百名山地図帳 (1)
日本百名山 (1)
福岡県の山 (192)
佐賀県の山 (13)
長崎県の山 (7)
大分県の山 (468)
熊本県の山 (40)
宮崎県の山 (33)
鹿児島県の山 (12)
中国・四国の山 (2)
東北の山 (5)
北アルプス (4)
南アルプス (1)
中央アルプス (1)
富士山 (1)
アウトドア (1)
ふるさとの風景 (2)
鉄道(列車) (1)
飛行機 (1)
鳥 (2)
花火 (1)
釣り (1)
スマートキッチン 味彩 (10)
その他 (2)
未分類 (961)

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示